人生が長くなり、どこで老後を生きるかの選択が求められる時代になりました。できる限り自分自身を頼り、身の回りの人たちと助け合って生きていこうという選択をする場合、住居のありようが成功の鍵を握ります。前回はトイレと寝室でした。今回は浴室の改修例を見ていきます。(溝口千恵子)

 ケアマネジャーのつつみいくみです。前回紹介したAさんは、自宅で入浴にも挑戦する予定でした。ところがトイレだけでも大変な苦労をしたので、自宅での入浴は、ちょっと考えただけで尻込みしていました。しかし同居の娘さんが、「せっかくの機会だから入浴も体験してから工事をしてもらおう」とご両親を後押しして、2人がかりでAさんの入浴介助を試みたのでした。

 ここで発症以前のAさんの、入浴に関する動作を振り返ってみます。Aさんのお宅は築年数が古く、脱衣所は洗面所と洗濯機置き場を兼ねていました。洗面ができて、洗濯機を置ければそれでよく、脱衣には特段考慮する必要がない、そういう前提で作られた空間でした。この脱衣所でAさんは、脱衣籠の代わりに洗濯機の上に着替えやバスタオルを乗せておき、脱いだ衣服は洗濯機に放り込み、片手で浴室のドアを押し開けて、16cmほどの段差を降り、何の不自由も感じないまま浴室に移動していました(写真1)。

写真1 改修前の浴室の片開きドア

 Aさんの入浴は、夏はシャワーで済ませますが、冬の寒い時期はゆっくりお湯に漬かってくつろぐのが習慣でした。浴室では濡れたタイルの床が滑るので、風呂椅子を使わず、マットを敷いた床に座って身体を洗っていました。バランス釜のついた浴槽は、据え置き型で深さが60cmほどありました。浴室内に風呂釜があるので、その分浴槽が小さくて深く、Aさんは膝を抱えて座る格好で浴槽に漬かっていました。

 Aさんの身長は170cmちょうどですから、この深さの浴槽でも余裕でまたいで入っていました。奥さんも娘さんもスラリとした長身のためか、浴槽の深さ自体には問題を感じておらず、浴槽の長辺がもう少し長いといいのに、くらいの気持ちでいました。

 しかしAさんが今後この浴室で入浴するならば、入浴のたびに一家総出の大仕事になるのは明らかでした。片側の手足に麻痺があるため、立ったままで衣服の着脱ができませんし、注意障害や失行(後ろ前、左右の間違いなど)があって、着脱自体にも当分の間は介助や見守りが必要でした。そのような理由で、まずは脱衣所にスツール程度の腰掛けを一脚置きたかったのです。脱衣所にスツールを置き、Aさんが腰掛けてから脱衣所の扉を閉めてみました。するとでっぷりとしたドラム式全自動洗濯機が邪魔で、介助者が身動きできなくなってしまいました。