人生100年時代の住宅を考えた場合、日常生活の中で福祉用具をどのように活用していくかがとても重要になります。特に住宅改修では、住まう人の状態をしっかりと把握して、生活を支援する用具として選んでいかなければなりません。二級建築士で介護支援専門員でもある内間大輝さんが、福祉用具を導入して「自分の足で歩きたい」をかなえた事例を紹介します。(溝口千恵子)

 Aさん(87歳)は脳血管障害による右片麻痺で、歩行は車いすレベルです。退院前に、住宅の改修が必要になるということで相談があり、私が担当することになりました。

 私がお会いしたときは、車いすを腕で動かす自走は困難でした。今後、足漕ぎ車いすの訓練をするという段階でした。車いすへの移乗は、手すりにつかまれば1人でも可能です。介助する人がいれば、歩行用の装具をつけての短期歩行が可能です。ただし、長期の歩行は困難でしたので、外出の際には、基本的に車いすでの移動となります。

 ちなみに、排泄動作は、トイレ内の移動には全介助が必要で、便座への着座は手すりにつかまれば自身で移乗できます。後始末も自身でできる状態です。入浴に関しては、ほぼ介助という状態でした。

 ご自宅は、木造平屋建てで、ご自身で設計した経緯もあり、Aさん当初は、改修に消極的でした。奥さんと二人暮らしですが、奥さんも要介護状態で車いす移動でしたので、家政婦さんや介護サービスを利用しての生活となります。子どもたちは遠方に住んでおり、家族介助は日曜や祭日に限定されています。