人生100年時代の住宅を考えた場合、日常生活の中で福祉用具をどのように活用していくかがとても重要になります。特に住宅改修では、住まう人の状態をしっかりと把握して、生活を支援する用具として選んでいかなければなりません。二級建築士で介護支援専門員でもある内間大輝さんが、福祉用具を導入して「自分の足で歩きたい」をかなえた事例を紹介します。(溝口千恵子)

 Aさん(87歳)は脳血管障害による右片麻痺で、歩行は車いすレベルです。退院前に、住宅の改修が必要になるということで相談があり、私が担当することになりました。

 私がお会いしたときは、車いすを腕で動かす自走は困難でした。今後、足漕ぎ車いすの訓練をするという段階でした。車いすへの移乗は、手すりにつかまれば1人でも可能です。介助する人がいれば、歩行用の装具をつけての短期歩行が可能です。ただし、長期の歩行は困難でしたので、外出の際には、基本的に車いすでの移動となります。

 ちなみに、排泄動作は、トイレ内の移動には全介助が必要で、便座への着座は手すりにつかまれば自身で移乗できます。後始末も自身でできる状態です。入浴に関しては、ほぼ介助という状態でした。

 ご自宅は、木造平屋建てで、ご自身で設計した経緯もあり、Aさん当初は、改修に消極的でした。奥さんと二人暮らしですが、奥さんも要介護状態で車いす移動でしたので、家政婦さんや介護サービスを利用しての生活となります。子どもたちは遠方に住んでおり、家族介助は日曜や祭日に限定されています。

ポーチまでは自分の足で行きたい

 Aさんからの相談は、屋外への移動方法についてでした。車いすでの移動が中心ですから、車いすに合わせた住宅改修になるのだろうと予想していましたが、実際は違いました。

 外出時の自立歩行は難しく、歩行には介助が必要でしたので、安全面などを考えると車いすでの外出が想定されました。しかし、Aさんは「できる限り自分の足で歩きたい」と強く希望されました。たとえ介助が必要でも、自分で歩くという意欲がとても強かったのです。「自分の足で歩く」は、リハビリテーションの視点で見ると、とても重要なことです。歩行を続けることで、歩く能力の維持が見込まれるからです。

 まずは玄関からの外出を検討することにしました。

 玄関は広く、車いすで移動するには都合がよい空間となっていました。しかし、つかまる所が極端にないため、歩行で移動では上がり框の昇降に介助が必要でした。介助負担が大きく、床が大理石のため滑りやすいというリスクもありました。

 また、昇降できたとしても、玄関から車寄せ(ポーチ)まで15mほどの距離がありました。その半分は、傾斜のついた坂道(スロープ)でした。勾配がきつく、こちらも介助負担が大きいと判断しました。

写真1 勝手口にある階段

 そこで、勝手口からの出入りを検討することになりました。勝手口からも庭を経てポーチへ行くことができます。(1)リハビリテーションも行えそうなほどに庭が広い、(2)室内から勝手口の土間との段差が少ない、(3)椅子を置くスペースがあり靴の着脱までの動作は軽介助でも行える――などの理由から、歩行ができれば、勝手口からは玄関より少ない介助で外出することが可能でした。

 ただ、庭に下りるまでに階段(写真1)があり、かつ飛び石(写真2)を渡らなければならず、その間をどう移動するかが課題でした。これを解決したのが福祉用具でした。

福祉用具貸与で利用できるスロープを設置

写真2 勝手口から続く飛び石。その先はポーチにつながっている

 Aさんから、「傾斜のついた橋を渡しては?」との意見もあり、距離と高さを測ると、本人の歩行レベルでも歩行可能な勾配となりそうでした。

写真3 福祉用具貸与で利用できるスロープ

 橋の実現には、福祉用具貸与で利用できるスロープを提案し、実際に理学療法士が訪問している時間に合わせて、スロープを設置し、本人と介助者が安全に行き来できるか試してみることにしました(写真3)。スロープを飛び石に直接置くのでは安定感がなく、渡り切った後の方向転換の動作も必要たったので、小さなステージを設けることを提案しました。その工事については、介護保険の対象にならないため、自費工事となることを説明し、ご了承いただき、早速取り掛かりました。

 ステージは木製で制作。腐食が気になりましたが、造作する際に融通が利くため、塗装をして防水性を増し、天板には景観に沿うように人工芝を張りました(写真4)。

写真4 天板に景観に沿うよう人工芝を張ったステージ

 スロープの橋を渡った後は、介助により踏み石を渡り、コンクリートを打った土間部分へとたどり着きます。ポーチと一体化していましたから、ここで車いすに移乗して、車に乗って出かけるという方法となります。橋を架けた踏み石は地盤面よりかなり高い位置にありますが、ステージから門扉までの飛び石は、地盤面とほぼ同じ高さなので、本人も踏み外す怖さはなく、介助による移動にしようと相談がまとまりました。

 工事後、Aさんは初めて渡るときは少し不安そうでしたが、往復する頃には、本人や介助者も慣れて、とてもうれしそうな顔が拝見できました。

奥様も歩いてみたいと言い出した

 機械力を利用すればもう少し苦労せず行き来することも可能ですが、かなり大掛かりな工事が必要になることと、あまり自宅に手を入れたくないというご本人の希望や予算にも添えた感はありました。また、リハビリ目的もありましたので、理学療法士や福祉用具相談員など、色々な方からのアドバイスで完成した改修となりました。

 後日談ですが、勝手口から介助歩行でポーチまで歩く旦那さんを見て、奥様も歩いてみようと言い出したそうです。奥様は、玄関から全介助で車いすに移乗して外出していました。

 安全性を考えると、「どこでも車いすでの移動を」と考えがちです。しかし、それではせっかくの「自分の足で歩きたい」という意欲を萎えさせてしまうことになります。今回の事例は、車いす移動の対象者にとって必ずしも必要な改修ではありません。しかし、ご本人の「歩きたい」という希望をかなえることにより、歩行能力を維持し、ひいては向上させることができる改修になったのではないかと思います。

■溝口氏のコメント
 私は建築士として多くの住宅改修事例を経験してきました。建築工事で対応できないことはありませんが、福祉用具を上手く利用すると原状復帰にも簡単に対応できます。工事で対応すべきか、福祉用具で用を足せるか、それぞれのメリット・デメリットを考えて判断します。そのためには、金額の問題、健常者にとって邪魔にならないか、将来的な問題も含めて家族や利用者との相談が欠かせません。

(タイトル部のImage:Ivan Kruk -stock.adobe.com)