足腰の衰えていく高齢者にとって、自宅の「階段」は転倒の不安が大きい場所の1つです。安全に昇降できるように、手すりと階段昇降機を駆使した住宅改修例があります。二級建築士で福祉住環境コ―ディネーター2級の資格を持つ高齢者住環境研究所の内間千雪さんに紹介してもらいます。(溝口千恵子)

 90歳のOさんのお宅は2階一戸建てで、奥さんと2人暮らしでした。普段、日中は1階で過ごされております。寝室や洗濯干し場が2階にありますので、ご夫婦ともに1日に何度かは、階段の昇降を行っています。

 Oさんは日常生活動作(ADL)や筋力低下が著しく、要介護2の状態です。自宅の階段はつかまるところがなく、いつも転落の不安を抱えていました(写真1)。体調の良い日は壁を伝いながら階段の昇降を行えるのですが、体調の悪い日は階段の昇降の際、ふらつきが強く、奥さんが後ろから見守っていないと危険な日もあるそうです。奥さんもご高齢のため、ご主人が階段昇降で、ふらついた際に介助することもできず、転倒・落下の不安を抱えていました。

写真1 改修前の自宅の階段

 奥さん自身、洗濯物を干す際に、重い洗濯物や荷物などを持ちながら昇降するのですが、そんなときは転落の不安を感じていました。

 これまでは、階段昇降も筋力を維持するためのリハビリテーションになると考えていました。また、長年手すりのない階段を昇降していた慣れも手伝い、不安を抱きながらも日々の生活で階段を利用していました。しかし、転倒・落下の不安から、心の安らぐ生活が難しくなっていきました。