デジタルヘルスのキーとなる特質は、「患者のエンパワーメント」「医療従事者の能力向上」「診療管理の方法変革」とされる1)。本コラム2回目に取り上げた「心不全」は、患者の状態を絶えずモニターし必要に応じて介入するという意味で主に「診療方法の方法変革」に該当し、前回の「糖尿病」は、患者が自分の状態を絶えず理解し行動につなげていくことが期待されるという意味で主に「患者のエンパワーメント」に当たるだろう。今回取り上げる「健康行動」は「糖尿病」と同様、患者・受け手のエンパワーメントを目指すものであり、患者・人々の行動変容をしやすくすることが期待される。

 健康行動とは、人々の健康に関わる行動であり、非常に幅広い。まずは、アルコール依存症から、自殺予防、減量プログラムまで、健康行動変容のためのモバイルアプリの有効性を検証した20のランダム化比較試験(RCT)のシステマティックレビューを見ていく2)(表1)。

表1●保健(健康)行動変容のためのモバイルアプリ有効性のシステマティックレビュー(20RCT)

 20のRCTのうち、16は従来のものに比べて高い有効性が見られていた。スマートフォンアプリにより、「平均歩数が増えた」「アルコール依存症にとってリスクとなる飲み方の日数が減った」「薬剤アドヒアランスが高まった」「疾病に対する知識が深まった」「禁煙を始めた人の喫煙再開率が低かった」等々である。

 一方で、有効性が見られなかったものは4つあり、1つは肥満者に対する減量プログラム、2つのCPR(心肺蘇生法)教育プログラム、もう1つは神経筋トレーニングのプログラムであった。心肺蘇生法(CPR)と神経筋トレーニングは、プログラムの中身が複雑でスマホのアプリでは難しかったのではないかとみられる。プログラムの中身によっては、対面やDVDでの教育の方が適しているということであろう。