これまで4回にわたる連載で、心不全、糖尿病、健康行動変容といった、デジタルヘルス技術がよく用いられている疾患・健康問題についての有効性エビデンスについて論じてきた。今回は、高血圧やCOPD(慢性閉塞性肺疾患)、気管支喘息、精神関連などその他の疾患、服薬管理、リハビリテーション等に関するシステマティックレビュー・メタアナリシスのエビデンスを見ていく。

<慢性疾患に対するデジタルヘルス技術>

 慢性疾患対象のデジタルヘルス技術の有効性エビデンスとして、高血圧、COPD、喘息の3つを紹介する。

高血圧患者に対するモバイルアプリ1)

 まず、高血圧対象のアプリであるが、ゴール設定やセルフモニタリング、自動フィードバック・リマインダー、そして、教育情報、医療従事者とのコミュニケーション等の機能が備わっていた。ランダム化比較試験(RCT)により血圧低下を評価した9研究のうち、6研究では降圧効果が見られた。どの機能の組み合わせがより効果があったかは結論づけられないが、より包括的な機能のあるアプリが高い効果を示したとしている。

COPD患者に対するモバイルアプリ2)

 次にCOPDであるが、アプリでは、対象者がSpO2(酸素飽和度)や脈拍数、歩数、血圧、服薬・食事・運動状況を入力すると、医療従事者が個別にフィードバックを行う。6つのRCTのメタアナリシスの結果、コントロール群に比して、介入群では入院率が低かったが、平均在院日数に差は見られなかった。5つの研究では、運動・活動レベルの向上が明確に見られていた。

思春期喘息患者に対するモバイルアプリ3)

 モバイルアプリの有効性に関するRCT研究は存在しなかったが、2つの試験的介入研究では、アプリ使用前後で喘息コントロールテスト、自己効力感、薬物療法へのアドヒアランス等の結果が改善していた。3つの観察研究では、服薬や通院のリマインド機能等に関して、アプリの有用な側面が明らかになっていた。全体としては、潜在的な有効性を示していたが、質の高いエビデンスの創出は今後の段階である。