<デジタルヘルス技術の有効性エビデンスに関するまとめ>

 これまで5回にわたり、デジタルヘルス技術の有効性エビデンスのシステマティックレビュー・メタアナリシスを中心に紹介・考察してきたが、改めて、全体を俯瞰してみたい。もとより、個々の技術、対象によって、大きく状況は異なるが、あえてここまでのレビューで見られたことを整理する。

  • システマティックレビュー・メタアナリシスを見る限り、全体としては、かなり多くのデジタルヘルス技術の有効性が示されていた。種々のバイアスも存在していたが、全体としては許容される範囲であったといえる。

  • 一方で、1型糖尿病に対するスマホアプリのように有効性がほとんど見られないものもあった。減量のためのアプリも効果が見られないものが多くあった。

  • デジタルヘルス技術の有効性には、医療従事者・専門家の関与がキーとなっていることが多い。デジタル技術そのものは時間・空間を超えて、患者・対象者にとって利用可能なものであるが、医療従事者・専門家の関与は依然重要であった。

  • 比較的単純な知識の伝達や、単純な行動の変容であれば、医療従事者・専門家が関与しなくても有効性は見られていた。

  • アプリや機器の操作性は重要である。手間がかかり過ぎると、嫌気がさしてしまうこともあった。また、リマインダーの頻度が高過ぎるのも同様とのことであり、適度な介入が求められる。

  • ここまでレビューしてきた技術は、スマホアプリに対象者が自分で入力する形式のものが多かったが、ウェアラブルや埋込デバイスなど、身体情報の測定がより自動化されたものと連動すると高い有効性を発揮すると期待される。

 医療サービス利用の頻度等やコストの影響についても、これまでのコラムで一部触れたが、次回のコラムでは経済的なことを中心に見ていきたい。


[参考文献]

1) Alessa T, et.al. Mobile Apps to Support the Self-Management of Hypertension: Systematic Review of Effectiveness, Usability, and User Satisfaction. JMIR Mhealth Uhealth. 2018 Jul 23;6(7):e10723.

2)Yang F, at.al. Mobile health applications in self-management of patients with chronic obstructive pulmonary disease: a systematic review and meta-analysis of their efficacy. BMC Pulm Med. 2018 Sep 4;18(1):147.

3)Alquran A, Smartphone Applications for Encouraging Asthma Self-Management in Adolescents: A Systematic Review. Int J Environ Res Public Health. 2018 Oct 29;15(11). pii: E2403.

4) Nesvåg S, et.al. Feasibility and Effects of Digital Interventions to Support People in Recovery From Substance Use Disorders: Systematic Review. J Med Internet Res. 2018 Aug 23;20(8):e255.

5)Nair U, et.al. The effectiveness of telemedicine interventions to address maternal depression: A systematic review and meta-analysis. J Telemed Telecare. 2018 Dec;24(10):639-50.

6) Leng M, et.al. Pet robot intervention for people with dementia: A systematic review and meta-analysis of randomized controlled trials. Psychiatry Res. 2019 Jan;271:516-25.

7)http://paro.jp/?page_id=293

8)Lancaster K, et.al. The Use and Effects of Electronic Health Tools for Patient Self-Monitoring and Reporting of Outcomes Following Medication Use: Systematic Review. J Med Internet Res. 2018 Dec 18;20(12):e294.

9)Xiong S, et.al. Effectiveness of mHealth Interventions in Improving Medication Adherence Among People with Hypertension: a Systematic Review. Curr Hypertens Rep. 2018 Aug 7;20(10):86.

10)システマティックレビューの対象とした21研究の全てでアドヒアランスの改善が示されていたが、検定がなされていなかったものも5つあり、統計的に有意であったのは12のみ。

11)Finitsis DJ, et.al. Text message intervention designs to promote adherence to antiretroviral therapy (ART): a meta-analysis of randomized controlled trials. PLoS One. 2014 Feb 5;9(2):e88166.

12) Tchero H, et.al. Telerehabilitation for Stroke Survivors: Systematic Review and Meta-Analysis. J Med Internet Res. 2018 Oct 26;20(10):e10867.

13) Thurnheer SE, et.al. Benefits of Mobile Apps in Pain Management: Systematic Review. JMIR Mhealth Uhealth. 2018 Oct 22;6(10):e11231.

(タイトル部のImage:Monster Ztudio -stock.adobe.com)