本連載はヘルスケア領域のイノベーションが最も活発な米国にフォーカスし、最先端の動向を取り上げるコラムです。米国を中心にグローバルにベンチャー投資を15年行ってきた筆者が、ベンチャー投資家(VC)の目線で面白いと感じるトピックを独自の考察を交えてピックアップしていきます。

清峰 正志(きよみね・まさし)
Kicker Ventures ファウンダー兼CEO
清峰 正志(きよみね・まさし) 米ダートマス大学卒業後、2004年より三井物産グローバル投資で米国を拠点にグローバルにアーリーステージのヘルスケアスタートアップへのベンチャー投資を担当。特にデジタルヘルスや医療機器にフォーカスし複数のEXITを経験。2017年にKicker Venturesを立ち上げ、スタートアップやベンチャーの戦略アドバイザリーやヘルスケアとテクノロジーの新結合が創り出すソリューションや高齢化社会が作り出す新たな課題に取り組むプロジェクトを開始。
(写真:加藤 康)