テネシー州ナッシュビルに本拠地を持つデジタルヘルス(ヘルスケア×IT)系スタートアップのChange Healthcare社が2019年3月15日、S-1申請を行った。米国証券市場でのIPO(Initial Public Offering:未上場企業が新規に株式を証券取引所に公開し上場企業となること)に必要な申請である。

 当初資料に記載されていた調達予定金額は1億米ドル。その使用用途は50億米ドルの負債の返済に充てられる「成功とはいえないIPO」とする意見もあったようだが、6月14日付のS-1修正資料では調達総額が12億米ドル注1)と大幅に増額されている。

注1)Tangible Equity Unit(有形株主資本ユニット) 2億7500万米ドル分を含む。

 もし申請通りに進んだ場合、Uber社、Lyft社、Avantor社、Pinterest社に次ぐ今年5番目に大きな調達額のIPOとなる。一般ユーザーの知名度も高い巨大なコンシューマーテックカンパニーであるUber社やLyft社、Pinterest社と並んでデジタルヘルス企業が名を連ねるのは感慨深い。

“IPO日照り”から一転

 2016年のiRhythm社のIPO以降、デジタルヘルス企業は2年8カ月の“IPO日照り”を経験している。しかし今年は、Change Healthcare社の他にも数多くのデジタルヘルス企業がIPOするといわれている。

 その中にはソリューションビジネスを展開する企業が多いのが特徴的だ。糖尿病管理からスタートし慢性疾患全般をカバーするソリューションを展開するLivongo Health社、ソーシャルエアロバイクのPeloton社、医療データストレージ&解析ソフトウエアのHealth Catalyst社が既にS-1申請を終えていたり、投資銀行を起用したりしたとされている。

イメージ(写真:Beyond Healthが撮影)

 サッカーの本田圭佑選手による「ゴールというのはケチャップみたいなもの」という発言は良く知られるところ注2)。まさに、デジタルヘルス企業のIPOも同様の模様がうかがえる。

注2)2014年ブラジルワールドカップ最終予選のイラク戦後のインタビューで、ゴールが生まれる感覚のことをケチャップが瓶から出る様子に例え「出るときは出ないけど、出るときはドバドバッとでる」とコメントしたとされている。