何かに心を集中させる「瞑想」。そんな瞑想を支援するアプリ、いわゆる瞑想アプリが一大ビジネスになると分かり、米国では近年、同アプリを手掛けるスタートアップがVC(ベンチャーキャピタル)の注目の的となっている。

 本領域でのパイオニア的ポジションのHeadspace社の瞑想アプリは、ユナイテッド航空の機内エンターテインメントにも導入されているなど、米国内での知名度は高い。同社は2015年と2017年に合計7100万米ドルを資金調達し、最終ラウンド(最終の調達段階)時の企業価値は3億2000万米ドルとなった。この他、スタートアップ投資を行うY Combinator社卒のSimple Habit社は2018年11月、Series Aラウンド(市場確保前の調達段階)で1000万米ドルを著名VCから調達した。

Calm社の瞑想アプリのイメージ(出所:Calm社のプレスキット)

 そして最近では2019年7月、Calm社が2700万米ドルの資金調達をしたと発表された。同年2月に発表されたSeries Bラウンド(企業成長時の調達段階)の8800万米ドルの調達に追加される形となり、調達総額が1億米ドルを超えることとなった。企業価値も10億米ドルを超え、いわゆるユニコーンになったとされている。

 こうした盛り上がりを見せるのは、ユーザーが瞑想アプリにはお金を払うことが分かり、ビジネスとして確立することが判明したためだ。実際に、Headspace社とCalm社はいずれも年間売上1億米ドルを突破していると報道されている。