11億米ドル。日本円に換算すると1300億円。医療機器大手のSiemens Healthineers社がカテーテル施術ロボットを開発・販売するCorindus Vascular Robotics社を買収するにあたって支払う金額だ。

 2019年8月8日に発表されたディール(売買取引)は、直近12カ月の売上が1524万米ドルのCorindus社に対して、その72倍の評価をしたことになる。あるレポートによると、米国で上場している中堅医療機器メーカーの売上に対する時価総額の倍率の中央値は4.1倍。それに比べると本件は圧倒的なアウトライアー(外れ値)に見えるが、実はそうでもない。

 あまり知られてないかもしれないが、実はこの5~6年、手術ロボット系の企業の買収が多発している(表1)。しかも超絶バリュエーション(事業評価)で、だ。

表1●2016年以降の手術ロボット系の企業の買収例
買収金額順。色を付けたのがビリオン=10億米ドル越えのM&A。金額は、マイルストン・アーンアウト(分割)支払いを含む(表:筆者が作成)

 表1の通り、ビリオン=10億米ドル(約1070億円)越えのM&Aが4件、そのうち3件は直近12カ月に起きている。日本国内発のヘルスケアベンチャー企業が歴史上経験したことのないレベルのM&Aが多発している事実は、見過ごすわけにはいかないだろう。