2019年11月1日、Google社の親会社であるAlphabet社がFitbit社を24億米ドルで買収すると発表した。Fitbitの直近12カ月の売上は15億米ドルだが、過去3年間、通期では赤字続きだった。このFitbitに対して、買収発表前日終値の約15%の上乗せ価格での買収ということになる。

Fitbit社の買収について触れたGoogle社の公式ブログ(出所:Google社の公式ブログ)

 以前のコラムで触れた通り、Fitbitは2014年にナスダック証券市場に華々しくIPO(新規株式公開)をしたウエアラブル業界のパイオニアだ。現在はApple社に首位の座を明け渡したものの、マーケットシェア10%以上と2800万人のアクティブユーザー数を誇るウエアラブル領域の代表的な企業である。

 本件に関してGoogleは、次のようにコメントしている1。「最高のハードウエア、ソフトウエア、AIを持ち寄り、Fitbitの素晴らしい人材と共に、より多くの人々を助けるウエアラブルを作るのを楽しみにしている」。

 今回飛び込んできたGoogleによるウエアラブルのパイオニア買収のニュース。そこで筆者は、Google側の狙いを2つ考察してみた。