照明などの家電メーカーとして創業し、超音波診断装置やAEDなど医療機器にまで製品ラインアップを広げるフィリップス。時代の先端をゆく商品を次々と手がけてきた同社が今、力を入れるのがスリープテックの関連。最新の商品が、睡眠の質を高めることを目的に開発されたヘッドバンド「SmartSleepディープスリープヘッドバンド」だ。スリープ&レスピラトリーケア事業部長の安部美佐子氏に、開発の経緯や今後の展開を聞いた。

フィリップス・ジャパン(東京・品川)の本社ショールームで撮影。左から岡島氏、右が安部氏(写真:高山 透)

睡眠時無呼吸症候群の検査・治療機器が原点

岡島義氏(以下、敬称略) 御社の睡眠へのアプローチとして印象に残っているのは、卓上型ライトの「goLITE BLU」。残念ながら販売終了になってしまいましたが、ブルーライトを使ってすっきりした目覚めをサポートするものでしたよね。日本でブルーライトが流行り始めたときだったので、目の付けどころが違うな、と感心しました。海外フィリップス社の製品を国内で展開したりアイデアを採り入れたりする時のポイントを教えてください。

安部美佐子氏(以下、敬称略) 弊社スリープ&レスピラトリーケア事業部ではもともと睡眠時無呼吸症候群の検査と治療に使う機器を扱っています。その中で、睡眠時無呼吸症候群だけでなく、睡眠障害までいかなくても、睡眠で悩みを持っている方向けの製品も扱っていきたいという思いがありました。

岡島 そういう経緯があったのですね。最先端のものを採り入れるという視点が社風として根づいているのでしょうか。

安部 弊社はライティングから出発したので、その流れも大切にしながら、今はヘルスケアとデジタル技術を融合した「ヘルステック&インフォマティクス」の領域でトップを目指しています。コンシューマープロダクツは、技術やデザインなど常に新しいものを採り入れ続ける必要があるので、スピード感が求められます。その影響を受けて、ヘルステック領域でも、新しいものを模索する姿勢で開発や製造、販売を進めているのではないでしょうか。

岡島 なるほど。それで睡眠とデジタルを融合した新商品「ディープスリープヘッドバンド」の発売にこぎつけたわけですね。どんな商品なのか、コンセプトから教えてください。

安部 「睡眠に悩みを抱えている方にソリューションを提供したいが、そもそも睡眠の悩みって何だろう?」と考えた時、個人個人の感じ方が大きいのでは、と考えたのです。そして、感じ方を改善するためのポイントとなるのは“深睡眠”にあると気づいて、このプロジェクトが始まりました。深睡眠のブーストをサポートする研究を続け、14年の歳月を経てようやく商品化できました。寝る時にヘッドバンド型のウェアラブルデバイスをつけることで、睡眠の質を高め、睡眠データを「見える化」することを目的に開発された商品です。

ヘッドバンド型のウェアラブルデバイスを装着。深い眠りに入ると、耳元でオーディオトーンを流し、深睡眠時に現れる徐波の活性化を促す。翌朝、専用モバイルアプリと同期させることで睡眠データを確認できる(出所:フィリップス)