日本では寝不足や不眠で悩む人が多いため、睡眠市場は大きなニーズを秘めており、各分野への広がりが期待されている。その中で、認知行動療法をベースに開発されたアプリ『睡眠日誌』が人気を集めている。アプリ開発を担当するNECソリューションイノベータの秋冨穣氏に岡島義氏がインタビュー(以下、敬称略)。アプリ開発の経緯から睡眠市場の将来性まで話を聞いた。

左がNECソリューションイノベータの秋冨氏、右が岡島氏(写真:高山 透、以下同)

生活習慣を意識しセルフコントロールに、つなげる睡眠記録アプリ

岡島 NECソリューションイノベータが提供しているアプリ『睡眠日誌』が好評だと聞いています。私も睡眠の認知行動療法の専門家の立場から、監修させていただいたアプリです。現在、どのくらいの方が利用していますか?

秋冨 無料で誰でも利用できるアプリで、これまでのダウンロード数は2万5000。スマホやアプリを使い慣れている20代の女性が中心ですね。「Appliv」というダウンロードアプリのレビューランキングで、睡眠時間などを記録するアプリの部門で2位(2019年5月28日時点)になっています。

岡島 2万超になったのですか。多数の方が利用していますね。特徴を教えてください。

秋冨 認知行動療法(考え方や受け取り方に働きかけてセルフコントロールしていく治療法)が基本になっていて、布団に入った時間、寝付くまでにかかった時間、起きた時間などを自分で入力して記録していきます。さらにアルコールやカフェインの摂取など、生活習慣や気付いたこともメモして、その日の元気度も記録します。睡眠や生活習慣の乱れと元気度を紐付けることで、その人なりの“いい習慣”に気づいてもらうのが狙いです。

岡島 眠りだけにフォーカスせず、生活習慣や日中の活性度・元気度とも比較する点がポイントですね。「寝付きが悪いから日中の仕事に支障が出ている」と思っていた人が、寝付きが良くても体調が悪い日があることに気づけたりしますね。

秋冨 睡眠と活性度の記録は1ページで収まるように工夫してあるので、自分の生活全般を俯瞰的に知ることができるんです。さらに睡眠に関する専門家のコラムが読めるのが売りで、睡眠衛生の知識も付きます。

岡島 臨床の現場でも、眠れないことへのこだわり過ぎは良くないと感じています。眠れないこと以外の原因でも日中の生活に支障が出ると気付く俯瞰的な視点は大事ですね。ただ、睡眠系のアプリはセンサーなどで眠りの状態を測定して自動的に記録するタイプが主流ですが、御社はどうして手入力にこだわっているのですか?

秋冨 展示会などでもよく聞かれますが、これが認知行動療法のアプローチなんです。寝た時間や起きた時間は何時なのか、寝付くまでに何分かかったのか、今日はアルコールをどのくらい飲んだのか? としっかり思い出して認識することが、生活改善につながります。

岡島 確かに、不眠で悩んでいる人は眠れない時のことは覚えているけれど、眠れた日は調子がいいので覚えていない。でも、両方の情報が得られると比較ができますね。アプリの効果はどのくらいあるのでしょうか?

秋冨 世界標準の睡眠評価法「アテネ不眠尺度」で効果を計っているのですが、4週目で記録を取ると20%の人が寛解したというデータが出ています。まだ課題も多いのですが、アプリで記録をつけただけで2割が改善していることは評価できると思います。

「睡眠日誌」アプリのインターフェイス。質問に回答することで、睡眠情報を簡単に記録でき、結果もシンプルでわかりやすい(出所:NECソリューションイノベータ)

岡島 無料アプリをダウンロードして1カ月記録をつけるだけで2割良くなるなら、利用者の負担も軽いです。試してみる価値は大いにありそうですね。

秋冨 第92回日本産業衛生学会で『睡眠日誌アプリ』の発表が優秀演題賞を受賞したのですが、座長からは「このアプリのように、医学的にエビデンスのある情報を正しく提供しているものは少ない。このようないいアプリがもっと世に広まってほしい」と講評をいただきました。最近は雑誌などで取り上げてもらう機会も増えてきたので、今後は睡眠に興味のなかった層にもアクセスしてもらえるといいなと思っています。