創業以来約70年、電動ベッドの開発・販売など、医療介護分野で発展してきたパラマウントベッド。2009年には睡眠研究所を立ち上げ、健康な人の眠りをサポートするベッドや枕などの開発にも力を入れている。眠りを変えることで人生をよりアクティブに楽しんでほしいと考え、今年6月にはより良い眠りにいざなう新しい電動ベッド「Active Sleep(アクティブスリープ)」を発売した。睡眠行動科学を研究する東京家政大学 准教授の岡島 義氏が、パラマウントベッドの小澤卓矢氏とパラマウントベッド睡眠研究所の椎野俊秀氏に開発の経緯や睡眠への思いについて聞いた。

左から岡島氏、パラマウントベッドの椎野氏と小澤氏。東京・京橋にある同社ショールーム「眠りギャラリーTOKYO」で岡島氏が睡眠寝具を体験(写真:高山透、以下同)

心地よい入眠角度を作り、寝入ったあとは自動的にフラットに

岡島 義氏(以下、敬称略) 「Active Sleep」を体験して、背中を少し起こすとこんなに呼吸が楽なんだと初めて知りました。その後でフラットな状態で横になると、苦しく感じるほどです。背中を起こしたり足を上げたりしてリラックスすると、気持ちよく眠りに入れそうですね。

小澤卓矢氏(以下、敬称略) 入眠時の寝心地が良いと途中で目が覚めても再入眠しやすいというデータがあるので、角度をつけて眠る「入眠角度」を設定しています。呼吸が楽にできるベッドの背を10度起こした状態がデフォルトで設定されていますが、「背中21度」「足12度」など自由に設定することができます。ほかにも「リラックスポジション」「足楽ポジション」「腰楽ポジション」「読書姿勢・TVポジション」などがあり、背中や足の高さを複数のパターンの中から選んで設定することも可能です。テレビを見たり、むくんだ足が楽になるので、体調や状況に合わせていろいろな角度を作れるんですよ。

「Active Sleep」は、リクライニング機能のあるベッドと、硬さを部位ごとに変えられるマットレス、睡眠データを調べるセンサーの3つのパーツからなる。入眠角度で寝入ったことを感知すると、ベッドがゆっくり自動運転を始め、フラットへ移行する。設定した起床時刻に近づくと、ベッドの背が上がって心地よい目覚めを促す。写真はシングル、税別43万円

椎野俊秀氏(以下、敬称略) より良い睡眠をとるためには、寝返りの打ちやすさが重要だというデータもあります。ですから、寝入った後には背や足の部分が下がってフラットになり、寝返りが打ちやすい状態を作ります。マットレスの下にセッティングした「Active Sleep ANALYZER」というセンサーで寝入ったことを感知したらフラットな状態に自動的に戻る仕組みです。

岡島 患者さんから「せっかくソファでうとうとしても、ベッドに移動したら眠れなくなる」という話をよく聞きます。御社のベッドはリクライニング状態で寝ることができ、寝入ったらフラットな状態に戻るわけですね。でも、そこで起きてしまうことはないですか?

椎野 センサーで睡眠状態を測っているので、完全に寝入ったことを感知してから動き始めます。しかも1分に約1度という緩やかな動きでフラットな状態に持っていき、その動きで起きてしまうことがほぼないことは、評価テストで確認しています。起床時間を設定すると、起きる時間の少し前から背中を起こして、目覚めやすくすることもできます。

岡島 確かに、先ほど体験してみて動きの滑らかさにも感動しました!自分で角度を調整するときも少しずつ動くから、「今日はこんな感じがいいな」と微妙な調整もできますね。今日はどんな姿勢で寝よう、とウキウキしながら使える気がします。

椎野 マットレスにも工夫があります。入眠しやすい、寝がえりが打ちやすいマットレスを研究してきましたが、『アクティブスリープ』は人間の硬さと同じ“等反発マットレス”の思想を取り入れています。野球やゴルフでも使われる「ボールとバットの硬さが一致すると反発しやすい」とうインピーダンスマッチング理論を取り入れたものです。人間とマットレスの硬さが同じだと、少ない力で寝返りできて楽なんです。

小澤 体型や筋肉の付き方は人によって違うから、個人個人で細かく調整できるのがベストですよね。ですからマットレスには空気が入っていて、「頭、肩、腰、でん部、膝、踵」の6部位ごとにマットレスの硬さを10段階に調節できるようになっています。姿勢や疲れ具合によって一部の硬さを変えたり、全体をやわらかくすることで沈み込むような心地よさで入眠を誘ったりと、好みに合った状態で寝ることができます。