「睡眠を軸に世の中を変えたい」。そんな思いを胸に、2013年に小林孝徳氏はニューロスペースを創業した。「よい眠り」を広めるため、最先端の技術を駆使しさまざまな業界と連携して、睡眠改善プログラムの提供や時差ボケ調整アプリの開発などを進めている。小林氏は、睡眠を通した健康支援、まだ謎の多い睡眠の研究支援などをベースに、人々が互いの睡眠を尊重する風土の醸成を図る考えだ。

右が小林社長。ニューロスペースは東京スカイツリー近く、東京・墨田区のインキュベーション施設「センターオブガレージ」内にある(写真:高山 透、以下同)

デバイスありきではダメ

岡島義氏(以下、敬称略) 小林さんは27歳のときにニューロスペースを創立していますが、なぜ睡眠に注目されたんですか。

小林孝徳氏(以下、敬称略) 僕自身が学生時代から睡眠で苦しんでいて、社会人になって短時間睡眠が続くと記憶が途切れたり、上司のアドバイスをネガティブに捉えてしまったりすることがありました。日本大学医学部の内山真先生の「睡眠障害による経済損失は年3.5兆円」という試算で国民の4~5人に1人が眠りで困っていると分かったので、睡眠を軸にヘルスメンテナンスできる仕組みを作りたいと思ったんです。

岡島 起業に当たって、核とした部分や条件はありましたか。

小林 第1は「素粒子物理の知識を生かせるサイエンスを軸にした事業」。睡眠を正確に測れるデバイスを社会に提供したいと思いました。第2は「社会の根源を変えるようなこと」。当時は睡眠と言えば薬や医療、もしくは寝具の2つの視点しかなかったので、その間を埋める施策で睡眠を変えたかった。第3は「諦めない熱を持てる事業」。この3つを満たせるビジネスを考えて起業しました。

岡島 実体験に基づき知見を生かし、かつ熱くなれる分野で起業されたんですね。とはいえ、2013年だと睡眠市場はまだあまり盛り上がっていませんでしたよね。睡眠でやっていけるという確信があったのでしょうか。

小林 計画性も確信もなかったので(笑)、起業から2年は生活できなくてアルバイトでしのいでいました。でも、実体験に基づいて世の中を変えていきたいと思ったし、投資家の方からも「目のつけどころはいいから、ぜひ継続してほしい」と言われていたから、社会的に意味があることだと自信を持って続けてきました。

ニューロスペース 代表取締役社長 小林孝徳(こばやし・たかのり)氏
1987年⽣まれ、新潟⼤学理学部素粒⼦物理学科卒。 自身の睡眠障害経験を機に睡眠から派生する悩みや社会的ペインに対する問題意識を抱き、2013年にニューロスペースを設立。 大学や医療機関と連携して『法人向け睡眠改善プログラム』を開発し、吉野家やDeNAなど多くの企業に提供している。時差ボケ調整アプリなども開発中で多方面への展開を図っている。戦略的に眠りをデザインすることで日中のパフォーマンスをあげ、誰もがお互いの睡眠を尊重して幸せになれる社会を目指している

岡島 ここ数年で睡眠市場は広がりを見せていますが、その中で御社はデバイスをあくまでツールとして使い、大きな社会実装の発想で多様な企業と連携している点で他社と一線を画していると感じます。単にデバイスを超えて、社会実装に踏み込んだことで、見えてきたことはありますか?

小林 そうですね……。睡眠は無意識のうちに行われる生理現象だから重要さが認識されていないし、皆さんの関心が低いことに驚きました。ちょうど起業したころに「これを使えば睡眠時間を2時間短縮できる」という睡眠グッズが発売されて人気を集めたんです。単相性である人間の睡眠を多相性にでき、30分睡眠をちょくちょくとれば1日を乗り切れるというコンセプトの商品です。

岡島 ウーベルマン型睡眠を活用したやつですよね。デバイスを使うだけで解決するという商法を僕は「だけだけ詐欺」と呼んでいます(笑)。そんなに簡単に睡眠を改善させられるわけないけれど、手軽で安価だと飛びつく人も多いんですよね。

小林 デバイスありきだと怪しげなものが出てくるし、睡眠リテラシーが低いと騙されてしまう危険性があります。なので僕はデバイスありきではなく、それぞれの最適な睡眠のあり方、クロノタイプ、レム・ノンレム睡眠などの特徴といった睡眠のパーソナリティが尊重される文化を作りたい。それを実現するツールとしてデバイスやアプリを提供していきたいと思っています。