ぐっすり眠り、健やかな朝を迎える。日々の睡眠は体を癒やし、気持ちをリセットする大切な時間だが、多忙が続くと不規則になったり、あるいは眠れなくなったりということも。のんびりできる旅先ではせめてゆっくり、と思う方は多いことだろう。

 それに応えるかのように、枕やベッド、布団など、寝具の質の良さを誇るホテルや旅館がここ数年、全国的に増えている。今回は快眠に特化した宿泊プランが注目を集める、鹿児島県奄美大島のリゾートホテル「THE SCENE」の取り組みを紹介したい。

ここは観光客がほとんど訪れることのないエリア

 2015年開業のTHE SCENEが位置するのは、奄美空港から車で約2時間かかる島の最南端という、観光客がほとんど訪れることのないエリア。ホテルの前には、人けのない白い砂浜と青い海が広がっていた。

 全室オーシャンビューの客室は、白と青を基調としたシンプルなつくり。柱ぎりぎりまで窓が大きく取られており、到着早々にベッドに横たわってみたところ、なんと寝ながらにして美しい景色が堪能できるではないか! 海の向こうには、緑の森に覆われた加計呂麻島。稀に漁船らしき船が横切る以外、眺めを邪魔するものはない環境で体験したのが、「快眠体質プラン」だ。

「人工物の音が聞こえない大自然のなかで、ゆっくり眠る。都会では叶わない心地良い睡眠を、THE SCENEで体験して欲しいですね」と話すフュービック代表取締役社長の黒川将大氏(出所:フュービック) 

 THE SCENEの経営は、「もみ処らく屋」「Dr.stretch」「ゼロヨガ」など2020年1月現在、国内外に計140軒のヘルスケア専門店を有するフュービック。初めてこの地を訪れたのは、家族とダイビングを楽しむためだったと振り返るのは、代表取締役社長の黒川将大氏だ。

 「これまで40カ国以上を訪れ、数多くのリゾートホテルに宿泊してきましたが、これほどまで人工物が一切なく、見渡す限り大自然という場所はほかにありませんでした。しかも、夏休み中にもかかわらず、ビーチも海のなかも独占状態。いずれはホテルの運営を……との漠然とした夢はもっていたのですが、絶景を前に直感的にここだ! と思ったんです」

外観や客室の色彩が控えめな分、海や空、木々の色合いが映える(写真:松隈 直樹、以下同)