湯につかり、美味をいただき、癒やされる。もてなされる。宿で過ごす際の表現は、一般的に受動態を使うことが多い。しかしながら新潟県南魚沼市の温泉宿「里山十帖」では「体験と発見こそが、真の贅沢」と唱う。すなわち、ただ流れに身をまかせるだけではなく、何かしら気づいて帰って欲しいう姿勢を前面に打ち出している。ウェルネスという言葉は使っていないものの、それはこれまでご紹介してきたライフスタイルの行動変容へとつながる旅に共通するのではないか。そんな思いから南魚沼を訪れ、宿を運営する「自遊人」の代表取締役・岩佐十良氏にお話を伺った。

メディアとしてメッセージを発信する宿

自遊人代表取締役の岩佐十良氏は、武蔵野美術大学でインテリアデザインを専攻。里山十帖のリノベーションを含めた同社施設の空間デザインも担ってきた。里山十帖ほか自遊人が運営する施設のコンセプトや活動については、ウェブサイトでご確認を。<a href="https://jiyujin.co.jp/">https://jiyujin.co.jp/</a>(写真提供:自遊人)
自遊人代表取締役の岩佐十良氏は、武蔵野美術大学でインテリアデザインを専攻。里山十帖のリノベーションを含めた同社施設の空間デザインも担ってきた。里山十帖ほか自遊人が運営する施設のコンセプトや活動については、ウェブサイトでご確認を。https://jiyujin.co.jp/(写真提供:自遊人)
[画像のクリックで別ページへ]

 「自遊人」はもともと2000年に同名の雑誌を創刊した出版社であり、岩佐氏はその編集長を務める。同誌では食や環境問題などに関連した健やかなライフスタイルを時代に先駆けて提案し、2002年にはオーガニックフードの販売を開始。やがて新潟県内で米作りを手掛けるようになり、2006年には拠点を南魚沼市に移転。農業生産法人として「自遊人ファーム」を設立するなど、多角的な展開を進めてきた。

 里山十帖のオープンは2014年のこと。廃業する旅館を引き継ぎ、築約150年の母屋を含め、2年間を費やした全館リノベーションから始まった。古民家の再活用、化学調味料は一切使用しない、地元の旬の食材に徹底するのはもちろん発酵食や保存食といった地域の伝統的な食文化に着目、リネンやアメニティは環境に配慮するなど、当時としてはまだ稀な取り組みが関心を集めた。

雑誌「自遊人」は視点や切り口が先駆的なため、バックナンバーを読み返しても得るもの、感じることは多い(写真:松隈 直樹、以下同)
雑誌「自遊人」は視点や切り口が先駆的なため、バックナンバーを読み返しても得るもの、感じることは多い(写真:松隈 直樹、以下同)
[画像のクリックで別ページへ]

 宿には特産品を売るコーナーがつきものだが、館内のショップに並ぶのはいわゆる土産物ではなく、調味料から食器、調理器具、リネン類、果ては調度品まで里山十帖で実際に触れられるものや使われているもの。滞在中に気に入れば購入できる、いわば宿そのものがメディアの役割を果たしているのも特徴だ。

 さらには、客室からダイニングまで、長文のメッセージが用意され、宿の考え方を伝える努力が重ねられている。よく見かける事務的、もしくは広告的な文章ではなく、コンセプトと楽しみ方の指南を岩佐氏自らが丁寧に綴った読み応えのある内容だ。

古民家をリノベーションした、里山十帖のレセプション棟。この空間をはじめ館内にはアートも数多く展示されている。「湯処 天の川」の露天風呂の前に広がるのは、自然の絶景。芸術、自然もまた、なにかしらの発見につながる扉となる
[画像のクリックで別ページへ]
古民家をリノベーションした、里山十帖のレセプション棟。この空間をはじめ館内にはアートも数多く展示されている。「湯処 天の川」の露天風呂の前に広がるのは、自然の絶景。芸術、自然もまた、なにかしらの発見につながる扉となる
[画像のクリックで別ページへ]
古民家をリノベーションした、里山十帖のレセプション棟。この空間をはじめ館内にはアートも数多く展示されている。「湯処 天の川」の露天風呂の前に広がるのは、自然の絶景。芸術、自然もまた、なにかしらの発見につながる扉となる
[画像のクリックで別ページへ]
古民家をリノベーションした、里山十帖のレセプション棟。この空間をはじめ館内にはアートも数多く展示されている。「湯処 天の川」の露天風呂の前に広がるのは、自然の絶景。芸術、自然もまた、なにかしらの発見につながる扉となる
客室はそれぞれしつらいが異なるが、いずれもシンプルなつくりに和む。冷蔵庫には水とお茶が用意されているが、ペットボトルの姿はない
[画像のクリックで別ページへ]
客室はそれぞれしつらいが異なるが、いずれもシンプルなつくりに和む。冷蔵庫には水とお茶が用意されているが、ペットボトルの姿はない
[画像のクリックで別ページへ]
客室はそれぞれしつらいが異なるが、いずれもシンプルなつくりに和む。冷蔵庫には水とお茶が用意されているが、ペットボトルの姿はない