ヘルスツーリズムのプログラムは、地域が持つ資産に新たな可能性をもたらし、活性化の牽引役となることが期待されている。これまでの検証を踏まえつつ、今回は青森県、本州最北端のウエルネスプログラム「下北半島のヒバの森と温泉でよみがえる」のユニークな取り組みをご紹介したい。

〈はじめに〉
今回の舞台の1つ、下北半島の風間浦村下風呂地区は、2021年8月上旬の大雨で土砂災害にみまわれた。人的被害こそなかったものの長らく断水が続き、東西につながる国道が複数箇所で遮断されたため孤立状態にあった。大間町をはじめ下風呂の先の地域もまた山越えの迂回路利用となったため、半島の広域で物流や移動に支障が生じていた。去る9月2日、ようやく東へと続く橋の一般車両通行が可能になり、西方面の道も9月中旬には開通する見通しが立った。まだ日常が完全に戻ったわけではないが、下北半島の今、そして未来に目を向けていただきたいとの思いから、ご紹介するツアーの主催者・島康子氏の了承を得て記事の掲載に至った次第だ。文末に記したマグロやアンコウのシーズンに向け、現在、懸命な努力が重ねられていること、彼の地をはじめ被災地が落ち着いた後の訪問が復興に寄与することをご留意いただきたい。なお、風間浦村では現在、観光復興支援金を募集している。詳細はこちら

産業遺産の線路に導かれ森の中を歩く

 1泊2日のツアーは、むつ市大畑町(おおはたまち)、奥薬研(おくやげん)温泉のウォーキングからスタート。マグロで知られる大間町から車で約50分の奥薬研温泉は、文字通り下北半島のかなり奥まったエリアに位置する。

 歩くのはヒバの森に囲まれた「薬研渓流散歩道」だが、足下に線路が続くのがふつうの渓流散策とは異なる。この線路は1962年まで、切り出したヒバの丸太を蒸気機関車が運んでいた森林鉄道。かつて全国各地に血管のように張り巡らされ、日本経済の発展を支えた森林鉄道は、最近になりその価値が見直されている産業遺産だ。

 ヒバの森や森林鉄道の歴史に関する説明を聞きながら歩きはじめたが、今にも列車が走ってきそうな景色が冒険心をくすぐる。人力で掘られたトンネル跡も、実に印象深かった。入口から先は見通せず、やがてあたりは真っ暗に。考えている余裕はなくなり、全ての感覚をフル回転。不安にかられながら歩みを進めるうち、光が差す出口が見えて安堵を覚えた。心が大きく揺れ動く、その変化がたまらなく面白い。

 成分に抗菌作用やリラックス効果があるヒノキチオールを含む、ヒバの森で横たわるひとときは、このまま放置してほしいと思ったほどの気持ちの良さ。細かい鱗片(りんぺん)状のヒバの葉に覆われた空の眺めは、ほかの森にも増して優しさがあふれているように感じた。

地域密着型の経験ツアーづくりを行うYプロジェクトの島康子氏はリクルート勤務を経て、1998年に故郷の大間にUターン。「まちおこしゲリラ」としてイベントから商品開発まで様々な取り組みにチャレンジし、2015年にはふるさとづくり大賞総務大臣賞を受賞。活動の詳細はYプロジェクトのウェブサイトでご確認いただきたい(写真:松隈 直樹、以下同) <a href="https://yproject.co.jp/" target="_blank">https://yproject.co.jp/</a>
地域密着型の経験ツアーづくりを行うYプロジェクトの島康子氏はリクルート勤務を経て、1998年に故郷の大間にUターン。「まちおこしゲリラ」としてイベントから商品開発まで様々な取り組みにチャレンジし、2015年にはふるさとづくり大賞総務大臣賞を受賞。活動の詳細はYプロジェクトのウェブサイトでご確認いただきたい(写真:松隈 直樹、以下同) https://yproject.co.jp/
[画像のクリックで拡大表示]
大阪の陣の後に逃げのびた豊臣方の武将が1615年に発見したといわれる奥薬研温泉は、古くからかっぱの伝説が語られてきた。その像(奥)のバランスポーズに似た姿をツアーに取り入れているのがあっぱれ。雨模様の当日、傘をさしてのアクションは、まさしくふきの葉を掲げるかっぱそっくりに
大阪の陣の後に逃げのびた豊臣方の武将が1615年に発見したといわれる奥薬研温泉は、古くからかっぱの伝説が語られてきた。その像(奥)のバランスポーズに似た姿をツアーに取り入れているのがあっぱれ。雨模様の当日、傘をさしてのアクションは、まさしくふきの葉を掲げるかっぱそっくりに
[画像のクリックで拡大表示]
森林鉄道の線路に沿い1.8キロの道のりを歩く。青森ヒバは、弘前城や岩手県の中尊寺金色堂といった堅牢を要する建物に使われた。一帯は東北森林管理局の「大畑ヒバ施業実験林」となっており、ヒバの特性ほか詳しい解説板が設置されているのも興味深い。ガイドを務めるのは、結婚を機に移住した山口和歌子氏
[画像のクリックで拡大表示]
森林鉄道の線路に沿い1.8キロの道のりを歩く。青森ヒバは、弘前城や岩手県の中尊寺金色堂といった堅牢を要する建物に使われた。一帯は東北森林管理局の「大畑ヒバ施業実験林」となっており、ヒバの特性ほか詳しい解説板が設置されているのも興味深い。ガイドを務めるのは、結婚を機に移住した山口和歌子氏
[画像のクリックで拡大表示]
森林鉄道の線路に沿い1.8キロの道のりを歩く。青森ヒバは、弘前城や岩手県の中尊寺金色堂といった堅牢を要する建物に使われた。一帯は東北森林管理局の「大畑ヒバ施業実験林」となっており、ヒバの特性ほか詳しい解説板が設置されているのも興味深い。ガイドを務めるのは、結婚を機に移住した山口和歌子氏
真っ暗なトンネルにおそるおそる足を踏み入れる。暗闇恐怖症の筆者はかなり心拍数が上がったものの、その分、出口が見えたときの喜びはひとしお。現在は知る人ぞ知る存在だが、同様のアトラクション施設を新たに建築すれば多額の費用がかかるだろうと、もったいなく思う
[画像のクリックで拡大表示]
真っ暗なトンネルにおそるおそる足を踏み入れる。暗闇恐怖症の筆者はかなり心拍数が上がったものの、その分、出口が見えたときの喜びはひとしお。現在は知る人ぞ知る存在だが、同様のアトラクション施設を新たに建築すれば多額の費用がかかるだろうと、もったいなく思う
[画像のクリックで拡大表示]
真っ暗なトンネルにおそるおそる足を踏み入れる。暗闇恐怖症の筆者はかなり心拍数が上がったものの、その分、出口が見えたときの喜びはひとしお。現在は知る人ぞ知る存在だが、同様のアトラクション施設を新たに建築すれば多額の費用がかかるだろうと、もったいなく思う
ヒバの森散策の一番人気は、森の中で横たわって休憩する時間。ヒノキチオールの働きでヒバの森には下草が生えにくく、その分、視界が広がる開放感を得られる。休憩後は軽めのストレッチも。ツアー参加者には、清々しい香りのヒバウォーターがプレゼントされる
[画像のクリックで拡大表示]
ヒバの森散策の一番人気は、森の中で横たわって休憩する時間。ヒノキチオールの働きでヒバの森には下草が生えにくく、その分、視界が広がる開放感を得られる。休憩後は軽めのストレッチも。ツアー参加者には、清々しい香りのヒバウォーターがプレゼントされる
[画像のクリックで拡大表示]
ヒバの森散策の一番人気は、森の中で横たわって休憩する時間。ヒノキチオールの働きでヒバの森には下草が生えにくく、その分、視界が広がる開放感を得られる。休憩後は軽めのストレッチも。ツアー参加者には、清々しい香りのヒバウォーターがプレゼントされる
[画像のクリックで拡大表示]
ヒバの森散策の一番人気は、森の中で横たわって休憩する時間。ヒノキチオールの働きでヒバの森には下草が生えにくく、その分、視界が広がる開放感を得られる。休憩後は軽めのストレッチも。ツアー参加者には、清々しい香りのヒバウォーターがプレゼントされる

温泉、美味、盆踊りに、えっ、スナック?

 足湯につかった休憩の後は、車で30分ほどかけてこの日の宿泊先、津軽海峡に面した下風呂(しもふろ)温泉郷の「まるほん旅館」へ。ここから先は、少々異色の展開になる。女将の長谷雅恵さんは温泉入浴指導員と栄養士の資格があり、その説明を聞いた上で入浴、そして夕食となるのだが……。

 「入りすぎ注意」というくらいパワフルな泉質の湯は熱めで、心身にじわじわしみてくる。これは、かなりの極楽。イカ、タコ、マグロなど地元で揚がった鮮魚が主役の食事は、尾頭付きの天然のタイも並ぶ。ほか、野菜や特産品である海藻を含め、シンプルに食材の力が引き立てられていて旨し!

 食後は下北半島で受け継がれてきた、盆踊り「田名部(たなぶ)おしまこ」のレッスン。さらには、オプションで近所のスナックへと向かう。本来はカラオケが目的なのだがこのご時世ゆえ我慢し、方言一色の明るいママさんとの会話を楽しんだ。朝はヨガと温泉街や漁港の散策を経た後、朝食の塩ウニの和え物がこれまた旨すぎてご飯をおかわり。プログラムの最後「魚箱づくり」は、自分で釘を打って完成させた杉材の小箱が土産となった。

 2019年に誕生したこのツアーは、もともと森林散策と温泉デトックスという別の観光コンテンツだったが、ヘルスツーリズムの専門家のアドバイスをもとに融合して再構築。「例えばトンネルは明暗の差が視覚を刺激、カラオケはストレス解消、釘打ち作業は集中など、運動、休息、食滋を含めた健康につながるエビデンスを検証し、きちんと理論が語れるガイドの人材育成にも努めた」と話すのは、催行するYプロジェクト代表の島康子氏。2017年には第9回観光庁長官表彰となった地方振興の注目株、「津軽海峡マグロ女子会」の青森側リーダーでもある。

下風呂温泉郷は3つの源泉が湧き、いずれの施設も掛け流し。白濁した「まるほん旅館」の湯は切り傷や皮膚病に効果があるという。近くには地元の人たちが利用する共同浴場があり、異なる源泉も体験できる。宿に昔から伝わる「湯治十戒」が掲げられていたが、美味なる魚介類が並ぶ食事は酒なしでは過ごせない
[画像のクリックで拡大表示]
下風呂温泉郷は3つの源泉が湧き、いずれの施設も掛け流し。白濁した「まるほん旅館」の湯は切り傷や皮膚病に効果があるという。近くには地元の人たちが利用する共同浴場があり、異なる源泉も体験できる。宿に昔から伝わる「湯治十戒」が掲げられていたが、美味なる魚介類が並ぶ食事は酒なしでは過ごせない
[画像のクリックで拡大表示]
下風呂温泉郷は3つの源泉が湧き、いずれの施設も掛け流し。白濁した「まるほん旅館」の湯は切り傷や皮膚病に効果があるという。近くには地元の人たちが利用する共同浴場があり、異なる源泉も体験できる。宿に昔から伝わる「湯治十戒」が掲げられていたが、美味なる魚介類が並ぶ食事は酒なしでは過ごせない
マグロ、ヒラメ、タイのお造りほか、通常のメニューから揚げ物を抜き、野菜を少々増やしたヘルスツーリズムの夕食メニュー。傍らで説明する女将の肌つやは、温泉効果のなによりのエビデンスだ。朝食もまた、魚介類が中心。味噌汁は「まつも」という海藻がたっぷり入っていた。この海藻をエサにし、周辺では上質なウニやアワビが豊富に採れる。「田名部おしまこ」は、単純な振りの繰り返しが逆に脳内に混乱を引き起こし、かなり頭を使うことに
[画像のクリックで拡大表示]
マグロ、ヒラメ、タイのお造りほか、通常のメニューから揚げ物を抜き、野菜を少々増やしたヘルスツーリズムの夕食メニュー。傍らで説明する女将の肌つやは、温泉効果のなによりのエビデンスだ。朝食もまた、魚介類が中心。味噌汁は「まつも」という海藻がたっぷり入っていた。この海藻をエサにし、周辺では上質なウニやアワビが豊富に採れる。「田名部おしまこ」は、単純な振りの繰り返しが逆に脳内に混乱を引き起こし、かなり頭を使うことに
[画像のクリックで拡大表示]
マグロ、ヒラメ、タイのお造りほか、通常のメニューから揚げ物を抜き、野菜を少々増やしたヘルスツーリズムの夕食メニュー。傍らで説明する女将の肌つやは、温泉効果のなによりのエビデンスだ。朝食もまた、魚介類が中心。味噌汁は「まつも」という海藻がたっぷり入っていた。この海藻をエサにし、周辺では上質なウニやアワビが豊富に採れる。「田名部おしまこ」は、単純な振りの繰り返しが逆に脳内に混乱を引き起こし、かなり頭を使うことに
[画像のクリックで拡大表示]
マグロ、ヒラメ、タイのお造りほか、通常のメニューから揚げ物を抜き、野菜を少々増やしたヘルスツーリズムの夕食メニュー。傍らで説明する女将の肌つやは、温泉効果のなによりのエビデンスだ。朝食もまた、魚介類が中心。味噌汁は「まつも」という海藻がたっぷり入っていた。この海藻をエサにし、周辺では上質なウニやアワビが豊富に採れる。「田名部おしまこ」は、単純な振りの繰り返しが逆に脳内に混乱を引き起こし、かなり頭を使うことに
温泉街の一角に立つスナック「ドランカー」は、地元民も通う店ゆえ、常連とのやり取りが自然に生まれるという。県外者ならママさんのディープな方言を理解することが、脳の活性化につながるかもしれない。そのママさんの肌もまた、つやつや
温泉街の一角に立つスナック「ドランカー」は、地元民も通う店ゆえ、常連とのやり取りが自然に生まれるという。県外者ならママさんのディープな方言を理解することが、脳の活性化につながるかもしれない。そのママさんの肌もまた、つやつや
[画像のクリックで拡大表示]
ヨガのインストラクターを務める古畑夏希氏は、結婚を機に大間に移住した。基礎的なポーズばかりだったが、体のかたい筆者はお恥ずかしながら途中で脱落。町散策&魚箱づくりのガイド坂本愛氏は、魚箱づくりが本職。朝の散歩はいたってゆるやかな雰囲気で、途中で出合った日曜朝市での買い物も楽しんだ。漁から帰ったばかりの漁師がイカをくれようとしたが(下風呂では日常)、旅が続くとあきらめたのが心残り
[画像のクリックで拡大表示]
ヨガのインストラクターを務める古畑夏希氏は、結婚を機に大間に移住した。基礎的なポーズばかりだったが、体のかたい筆者はお恥ずかしながら途中で脱落。町散策&魚箱づくりのガイド坂本愛氏は、魚箱づくりが本職。朝の散歩はいたってゆるやかな雰囲気で、途中で出合った日曜朝市での買い物も楽しんだ。漁から帰ったばかりの漁師がイカをくれようとしたが(下風呂では日常)、旅が続くとあきらめたのが心残り
[画像のクリックで拡大表示]
ヨガのインストラクターを務める古畑夏希氏は、結婚を機に大間に移住した。基礎的なポーズばかりだったが、体のかたい筆者はお恥ずかしながら途中で脱落。町散策&魚箱づくりのガイド坂本愛氏は、魚箱づくりが本職。朝の散歩はいたってゆるやかな雰囲気で、途中で出合った日曜朝市での買い物も楽しんだ。漁から帰ったばかりの漁師がイカをくれようとしたが(下風呂では日常)、旅が続くとあきらめたのが心残り
杉材での小箱づくりは、島氏曰く「釘をわっつわっつど(力強く)打つことが、気持ちいいんですよ」。久し振りに手にしたかなづちを思いきりたたく作業は、かなりの快感だった
杉材での小箱づくりは、島氏曰く「釘をわっつわっつど(力強く)打つことが、気持ちいいんですよ」。久し振りに手にしたかなづちを思いきりたたく作業は、かなりの快感だった
[画像のクリックで拡大表示]

知識に裏付けされてこそのヘルスツーリズム

 通称「マグ女」と呼ばれる女子会のメンバーは、津軽海峡を挟んだ青森県と北海道で約90名。曰く「泳ぎ続けるマグロのよう」に、各地で地元の活性化のために多彩なプログラムを立ち上げてきた。ガイド、女将をはじめ今回ツアーに携わった女性たちは皆、マグ女だ。これまで取り組んできたツアーにヘルスツーリズム的なコンテンツが揃うことに気づいたのが嬉しかったと話す島氏は、正直なところ失敗も重ねたと苦笑する。その一つが、旅館の食事。

 「真面目にやり過ぎたんですね。カロリーを気にかけた野菜中心のメニューは花がない献立になり、修行僧の食事のようだとモニターツアーで不満が続出。新鮮な魚介類や海藻が中心のふだんのメニューがそもそもヘルシーなのだから、あるものを生かせばいいいとアドバイザーに言われて目からウロコが落ちました」

 奥薬研温泉で開催した冬のスノーシューモニターツアーでは、なんと島氏がダウン。平らな道を行く今回のコースとは異なり、山歩きで負荷をかけようとしたのだが……。

 「自分自身がまだ慣れていなかった上、スノーシューだけでも運動強度がかなり高いという認識が欠けていた。疲れて夕食にもあまり手をつけられず、翌朝、立ち上がれなくなりました。裏付けができればヘルスツーリズムが構築できるものの、知識がなければ中途半端になってしまうことを実感しましたね」

目指すのは地元の人の行動変容

 ところで、なぜヘルスツーリズムへの転換を図ったのか。

 「もともと下北半島を訪れる観光客は熟年夫婦が多いのですが、2名だけでツアーを催行してもビジネスとしては成立しにくい。対してヘルスツーリズムは、会社の研修旅行やワーケションといった観光とはまた異なるチャネル、可能性が生まれるし、人数がまとまりやすいのが魅力です」

 実際、県内の優良企業が複数視察に訪れ、前向きな評価をもらっていたが、その矢先にコロナ禍で出鼻をくじかれる。

 「ヘルスツーリズムの手応えはありましたから、コロナ禍が終息したらという期待はあります。いや、コロナ禍を経たこれからこそなおさら、自然や健康をメインにしたフィールドに風が吹くのではないでしょうか」

 とはいえ奥薬研温泉、下風呂温泉までは、青森空港から車で約2時間30分。県内の移動だけを考えても、アクセスは良くない。

 「首都圏に住む人にとって、下北半島は外国と同じくらい遠い感覚でしょうね。距離はマイナスポイントかもしれませんが、その分、転地効果が大きいかも……」と島氏は冗談めかして語ったが、筆者は実際、その遠さが日常との乖離を生んでいる環境をとても楽しんでいた。

 「私たちが現在、想定しているのは、大企業や県外からのお客様ではなく県内の企業ですし、100人のツアーが来なくてもいい。正直なところそれほどの人が来てしまったら、対応に困る。求めているのは、それなりのほどよい活性化なんです。加えて、ツアーを重ねることで地元の人に健康への行動変容が生まれる両立も目指しています。青森県は長年にわたり、短命県のトップを維持。青森の人たちはどこに行くのにも車を使いがちで、歩きません。ですから例えば朝の散歩に地元の人が参加し、一緒に歩く未来が理想ですね」

マグ女の坂本氏(左)、島氏に挟まれた筆者。マグ女の活躍は、八戸のサバ女、関門海峡のフグ女など新たな組織を生み、連携が広がっている。「これまでのまちづくりは、面白い、楽しいという感覚的なことを進めてきましたが、ヘルスツーリズムではエビデンスを意識するようになった。理論づけて考えるから、失敗しても検証して改良していける」と島氏
マグ女の坂本氏(左)、島氏に挟まれた筆者。マグ女の活躍は、八戸のサバ女、関門海峡のフグ女など新たな組織を生み、連携が広がっている。「これまでのまちづくりは、面白い、楽しいという感覚的なことを進めてきましたが、ヘルスツーリズムではエビデンスを意識するようになった。理論づけて考えるから、失敗しても検証して改良していける」と島氏
[画像のクリックで拡大表示]

ゴミ拾いもまたヘルスツーリズムになり得る

 現在、ヘルスツーリズム関連では、新たなツアーのプログラム検討中だと島氏は話す。それは、ゴミ拾い。朝のヨガを担当したインストラクター古畑夏希氏の言葉が、その発想のきっかけだったという。

 「心と体の健康は身の回りをきれいにすることと結びつく、という教えがヨガにはあると知りました。ゴミ拾いは既に我々がやっている活動ですが、ヨガの理論ではヘルスツーリズムとも結びつく。SDGsなら、場所に負荷をかけない持続可能な観光。物語があれば、色々なことがつながり広がっていくのが面白いですね」

 とはいえ、課題は少なくない。奥薬研温泉で宿泊しないのは、旅館がほとんど廃業し、立ち寄り湯と土産や軽食を扱うレストハウスしかない現状ゆえ。ツアー客を案内しても、地域の経済をまわすことはできない。下風呂温泉郷がある風間浦(かざまうら)村もまた、高齢化や過疎化が進む。それに対して島氏や「マグ女」の活動は劇的な効果をもたらすものではないが、彼女たちはそれでもなお歩みを重ねる。

 その背景には、大間町在住の島氏がこれまで手掛けた地域興しの数々が実ってきた経験がある。とりわけマグロ解体ショーを含むマグロでの町興しはコロナ禍前、広く全国から観光客が訪れ、予想以上の賑わいを見せていたそうだが、最初は寂しい結果に終わり、やめようという意見もあったという。

 「めげそうになった時、これまでは何もやらずに結果がゼロだったけど、ひとり来ただけでもプラスなのだから続けようという、仲間の声が励みになりました。歳月をかけて積み重ねた結果、沸点がきた。今の活動もいつかは沸点がくる、時間はかかってもいいと思っています」

 島氏が暮らす大間町は、これからがマグロ漁の本格的な季節。希少な心臓など、地元ならではの幸も待ち受ける。また、下風呂温泉郷では12月~3月にかけてアンコウが主役になり、全国でも珍しい刺身や生の肝が食べられる。訪れていただければ、下北半島といういわば僻地に魅力的な観光資源が潜むことに気づいていただけるだろう。下北半島に限らず、コロナ禍を立ち止まり考える時間と多くの人がとらえ、各地で取り組みの再構築がなされている今、終息後の旅が待ち遠しくてならない。

(タイトル部のImage:松隈 直樹)