ビジネスであれプライベートであれ、旅行に出かける際、宿泊施設の選択を要視される方は多いだろう。旅の楽しみを綴る原稿においても、宿は背骨のような存在。日頃から情報収集に努めているが、ここ数年、国内外を問わず健康や癒やしといった単語が頻繁に目に留まる。なかでも独自性の高い展開で興味をひかれるのは、星野リゾートの体験プログラムだ。

 星野佳路氏が代表を務める星野リゾートは2019年11月現在、海外を含めて40の宿泊施設を有する。実は、2017年頃からグループ全体でウェルネスプログラムの開発に焦点をおいているという。その背景と取り組みについて、1914年創業の「星野温泉旅館」に端を発し、2005年にオープンしたグループのフラッグシップ的存在、「星のや軽井沢」の総支配人・金子尚矢氏に話をうかがった。

水辺に面した客室をはじめ、星のや軽井沢は四季の自然の美しさを体感できるつくり(写真:松隈 直樹、以下同)

 ウェルネスとは、1961年に米国の医師ハルバート・ダンによって『輝くように生き生きしている状態』と提唱された。心身ともに健康である生活を意味する。「その市場は、世界的に見ても非常に大きい。ウェルネスといえば星野リゾートと言われるようになりたいとの思いを込め、長期的な展望をもって新規プログラムの開発に力を注いでいます」と金子氏は話す。

 すべてをゼロから構築していくだけではなく、もともとのプログラムをウェルネスをテーマに調整する取り組みも進められている。そのひとつが、隣接する「国設 軽井沢野鳥の森」をはじめ豊かな自然に恵まれた環境を生かし、10年以上前から続けられてきた星のや軽井沢の「森林養生」だ。