近年、新たな観光の流れとして、世界各国で注目されているのが「ダークツーリズム」だ。ダークツーリズムとは1990年代にイギリスの学者が提唱した戦跡や災害被災地を訪ねる旅のスタイルで、ブラックツーリズム、悲しみのツーリズムとも呼ばれる。実際、コロナ禍前には広島県の世界遺産である原爆ドームや原爆資料館が、インバウンドの人気観光スポットとして常に上位にあった。

2011年3月11日に起きた東日本大震災から10年が過ぎた今、東北各地で記念館や伝承館が誕生する中、宮城県南三陸町で震災の記憶やその後を自らの言葉で語る人たちを訪ねてみた。

10年間で40万人が参加した語り部バス

 東日本大震災において、宮城県南三陸町では人口約1万7600人のうち死者、行方不明者が合わせて800人超、町の6割に相当する約3300戸が全半壊という甚大な被害を受けた。「南三陸ホテル観洋」の「語り部バス」は、復興を経て大きく変わった町を、当時の記憶を振り返りながら毎朝走る。

 ホテルのスタッフが「語り部」を務めるこの取り組みを牽引してきた一人、営業・企画を担う伊藤俊氏によれば、震災直後の夏、道も標識も失われた状況で視察に訪れた人がとまどう中、ホテル側で案内したのがきっかけとなり、2012年2月1日に現在の語り部バスがスタートしたという。以来、コロナ禍の一時期を除いて毎日催行され、参加者は延べ40万人にも上る。修学旅行や企業研修など団体客も多く、その対応のために語り部は外部にも広がり、2021年秋の時点で約20名を数える。

 60分のツアーで巡る場所は既に更地になっていたり工事が行われていたりと、背景を知らなければ通り過ぎてしまうような場所も含まれるが、写真とともに当時の様子を聞けば、人々の不安や恐怖に思いが至って目頭が熱くなる。とはいえ語り部が伝えたいのは、被災した辛さや悲しみだけではないと伊藤氏は話す。

語り部バスの開始当初は、ツアー中に涙が込み上げて話せなくなったことが多々あったという伊藤俊氏をはじめ、語り部の皆さんは話術のプロフェッショナルではない。しかしながら震災時やその後の自らの体験を交え、逡巡を重ねながら自分の言葉で語ることで、ツアーは心に強く響く内容になっている。語り部バスに関する情報は<a href="http://www.mkanyo.jp/語り部バス/" target="_blank">ホテルのウェブサイト</a>でご確認を(写真:松隈 直樹、以下注記のないものは同)
語り部バスの開始当初は、ツアー中に涙が込み上げて話せなくなったことが多々あったという伊藤俊氏をはじめ、語り部の皆さんは話術のプロフェッショナルではない。しかしながら震災時やその後の自らの体験を交え、逡巡を重ねながら自分の言葉で語ることで、ツアーは心に強く響く内容になっている。語り部バスに関する情報はホテルのウェブサイトでご確認を(写真:松隈 直樹、以下注記のないものは同)
[画像のクリックで拡大表示]
語り部バスで最初に訪れる旧戸倉中学校(現在は南三陸町戸倉公民館)の時計は、震災時から止まったまま。敷地の一角、新築したばかりの体育館では、翌日に行われるはずだった卒業式の準備が進められていたという。伊藤氏が手にしている写真は、震災の翌日の朝の海。南三陸の旅では、言葉を失うほど美しい朝日を目にし、当時の町の人の心情に思いを馳せていただきたい
[画像のクリックで拡大表示]
語り部バスで最初に訪れる旧戸倉中学校(現在は南三陸町戸倉公民館)の時計は、震災時から止まったまま。敷地の一角、新築したばかりの体育館では、翌日に行われるはずだった卒業式の準備が進められていたという。伊藤氏が手にしている写真は、震災の翌日の朝の海。南三陸の旅では、言葉を失うほど美しい朝日を目にし、当時の町の人の心情に思いを馳せていただきたい
[画像のクリックで拡大表示]
語り部バスで最初に訪れる旧戸倉中学校(現在は南三陸町戸倉公民館)の時計は、震災時から止まったまま。敷地の一角、新築したばかりの体育館では、翌日に行われるはずだった卒業式の準備が進められていたという。伊藤氏が手にしている写真は、震災の翌日の朝の海。南三陸の旅では、言葉を失うほど美しい朝日を目にし、当時の町の人の心情に思いを馳せていただきたい

伝えたいのは生きることの大切さ

 「あの日、もしかしたら人の力、状況判断で守れたかもしれない命がたくさんあったはずなんです。私たちがこの語り部バスで伝えたいのは、命の大切さとそこに向き合うこと。自分で自分を守る、大切な人を守るという思いが生まれるきっかけになればと考えています」

 取材時には300名を超える修学旅行生が参加していたが、震災から間もない頃は子どもたちに見せたくない、聞かせたくないという声もあったそうだ。

 「大人でも関わりたくない、忘れたいという人はいらっしゃいます。多様なご意見はあると思いますが、とりわけ子どもたちには、辛いことや悲しいことを避けるのではなく、あえて向き合い、生きる力、想定外のことが起きた際に自分で決断できる力を得てほしいと思いながら、助かった命、失われた命、人の温もり……南三陸町が体験した様々な例を語っています」

 正しい答えはないとした上で伊藤氏は、それぞれの場所で起きたことを語る。災害時には、多くの人がパニックに陥りがちだが、多少なりとも心構えがあれば状況は異なるとも。

 「災害に関して毎日ずっと考え続けることはできなくても、心の片隅にあるだけでも、いざというときの判断、行動、決断する力は違うのではないでしょうか。さらには物がない、水が止まるといった状況下では、ふだんから健康を心がけることも重要だと気づかされました。そういう意味でも、日々の積み重ねが大事。人が協力して助け合わなければならないのはコロナ禍も同じだと実感したなど、改めて思ったことも伝えています」

語り部バスでは、南三陸ホテル観洋が所有する旧高野会館を訪れる90分コースも選べる。館内はほぼ当時のまま残され、津波の威力のすさまじさを実感できる。被災当日は老人会が開催されており、スタッフの機転で屋上に避難。多くの命が守られた
[画像のクリックで拡大表示]
語り部バスでは、南三陸ホテル観洋が所有する旧高野会館を訪れる90分コースも選べる。館内はほぼ当時のまま残され、津波の威力のすさまじさを実感できる。被災当日は老人会が開催されており、スタッフの機転で屋上に避難。多くの命が守られた
[画像のクリックで拡大表示]
語り部バスでは、南三陸ホテル観洋が所有する旧高野会館を訪れる90分コースも選べる。館内はほぼ当時のまま残され、津波の威力のすさまじさを実感できる。被災当日は老人会が開催されており、スタッフの機転で屋上に避難。多くの命が守られた
[画像のクリックで拡大表示]
語り部バスでは、南三陸ホテル観洋が所有する旧高野会館を訪れる90分コースも選べる。館内はほぼ当時のまま残され、津波の威力のすさまじさを実感できる。被災当日は老人会が開催されており、スタッフの機転で屋上に避難。多くの命が守られた

縦から横へと広がる被災地からの発信

 歳月は記憶を風化させかねない。今後に向けた継続には、今まで以上の努力が必要だと伊藤氏は話すが、震災を体験していない若い世代も、「伝え続けなければならない」との思いから語り部を務めるようになっているという。さらに東北各地はもちろん、阪神淡路、熊本など他の被災地との交流が生まれ、語り部の取り組みが広がっているのが興味深い。

 「自然災害の恐ろしさは各地で昔から語り継がれてきましたが、それは地元での伝承という縦の流れだけでした。東日本大震災以降、広く連携した横の伝承が必要だとの意識が芽生えたように思えます。被災地から未災地、すなわち災害が起きていない地域の人に向けて、私たちが経験したこと、学んだことを発信し続けていきたいですね」

 南三陸ホテル観洋のロビーには、地元や東北各地の被害だけではなく、阪神淡路や熊本に関するパネルも展示。各地の関係者が集まるシンポジウムも開催されている。

 「これまで日本のダークツーリズムは展開の規模が限られていましたが、東北大震災以降、災害の記念公園や伝承館などの施設が増えています。震災遺構に関しても、世間が注目するようになりました。観光はレジャーとして捉えられていますが、本来はその土地に足を運んで風土や歴史、文化を見るという意味。そう考えると、東北、とりわけ津波の災害があった沿岸部は、世界に向けて大切な情報を発信できるエリア。海外からの支援に恩返しするためにも、今後はより広く語り部として私たちの体験を伝えていければと思っています」

日本全国各地の震災に関する展示が見られる、南三陸ホテル観洋のロビー
日本全国各地の震災に関する展示が見られる、南三陸ホテル観洋のロビー
[画像のクリックで拡大表示]
2020年10月に完成した「南三陸町震災復興祈念公園」には、震災遺構として南三陸町旧防災対策庁舎が残された。約50名が屋上に逃れたうち、助かったのは10名。語り部バスで当時の状況を聞いた後にここに立てば、様々な思いが胸をよぎる
2020年10月に完成した「南三陸町震災復興祈念公園」には、震災遺構として南三陸町旧防災対策庁舎が残された。約50名が屋上に逃れたうち、助かったのは10名。語り部バスで当時の状況を聞いた後にここに立てば、様々な思いが胸をよぎる
[画像のクリックで拡大表示]

すべてを流した津波が変えた養殖業

 震災によって変わったのは、南三陸町の陸の景色だけでない。海にもまた大きな変革があったと話すのは、地元の海産物を広く全国に向けて販売する「たみこの海パック」の阿部民子氏だ。

 南三陸町の志津川湾はもともとカキやホヤ、ワカメなどの養殖業が盛んだったが、震災前は過剰な密植により質の低下が問題視されていたという。

 「以前は早朝から夜中まで、とにかく働け、働け、少しでも多く採れという感じでした。漁師は一匹狼の世界。競い合った結果が密植になった。このままではいけない、と漁師たちが思っていた矢先の津波でした」

 全てが流されてしまった海を前に、南三陸町の漁師たちが幾度もの話し合いを経て選んだのは、筏を1/3に減らし、計画的に設置する試みだ。

 「当時はまだ仮設住宅にいた上、筏が減れば減収になるのではと、漁師も家族も不安でいっぱいでした。葛藤からの始まりでしたが、まずやってみるべ、ダメだったらまた戻せばいいさと……」

 その結果、例えばカキなら水揚げまで2~3年かかっていたのが1年になり、身の質や売り上げは向上。コストや作業時間は軽減され、価格や収入は安定するように。震災前は高齢者がほとんどだったが、後継者となる若い世代が増えるという思いがけない流れも生まれた。

 さらには2016年に、阿部氏の地元である戸倉地区のカキがASC認証(環境に負担をかけない養殖への国際認証)を取得。それに先駆け、海に滋養をもたらす山の森が2015年にFSC認証を取得(森林管理の国際認証)。海、山ともに国際認証を取得したのは、南三陸町が世界初だ。加えて2018年、志津川湾がラムサール条約(湿地の保存に関する国際条約)に登録される。

 美しい海が戻ってきた。漁師の暮らしが健やかになった。阿部氏は劇的に変化を遂げたその物語を伝えたいと、紙芝居とともに旅行者や子どもたちに語る活動を始め、SDGsが広く注目されつつある中、やがてその取り組みに対して大学や企業の研修の場から声がかかるようになる。

阿部民子氏が運営する<a href="https://www.tamipack.jp/" target="_blank">「たみこの海パック」のウェブサイト</a>でも、商品の販売だけではなく震災や環境に関する様々なメッセージが語られているのでご覧いただきたい。国際認証を得た戸倉地区のカキ(写真提供:たみこの海パック)は、清々しさを覚える旨さ
[画像のクリックで拡大表示]
阿部民子氏が運営する<a href="https://www.tamipack.jp/" target="_blank">「たみこの海パック」のウェブサイト</a>でも、商品の販売だけではなく震災や環境に関する様々なメッセージが語られているのでご覧いただきたい。国際認証を得た戸倉地区のカキ(写真提供:たみこの海パック)は、清々しさを覚える旨さ
[画像のクリックで拡大表示]
阿部民子氏が運営する「たみこの海パック」のウェブサイトでも、商品の販売だけではなく震災や環境に関する様々なメッセージが語られているのでご覧いただきたい。国際認証を得た戸倉地区のカキ(写真提供:たみこの海パック)は、清々しさを覚える旨さ
紙芝居はスタッフの手描き。阿部氏の取り組みの広がりは、子育て世代の女性の雇用にもつながった
紙芝居はスタッフの手描き。阿部氏の取り組みの広がりは、子育て世代の女性の雇用にもつながった
[画像のクリックで拡大表示]

豊かな海を守るために語り続ける

 「環境のことなど、以前は誰も考えていませんでした。海は自分のもの、という感覚です。津波の被害で失ったものは多いですが、一方で海からの恩恵に改めて気づかされました。漁師も家族も意識が変わり、海と共存しながら暮らしていこうという思いが生まれています」

 阿部氏が発送する商品にも海や漁師の物語が丁寧に語られたリーフレットが添えられ、消費者は南三陸町へと思いを馳せられる。

 「南三陸の海産物をおいしく召し上がってほしい、というのがまず第一です。さらには、なぜ、どういう環境でおいしく育ったのかを一人でも多くの方に考えていただければ嬉しいですね。皆さまの消費は、豊かな海を持続して守ろうとする漁業者を支える。間接的に環境問題に関われますし、誰がつくっているのか分かるので食の安全にもつながる。一緒に海を守りましょう、という思いです」

 阿部氏の暮らしも、日々夫の漁船に乗り養殖業を手伝い、時にはへとへとになるまで働いていた震災前とは大きく変わった。とはいえ、当初は正直なところ、町から逃げ出したい思いだったそうだ。

 「近所の方が津波に飲み込まれたのを見ていますし、義父も亡くなりました。さらには余震がずっと続き、波の音を聞くのも辛かった。私自身は、海にもう行けないと感じていました。でも、『俺には海しかない』とここで漁師を続ける夫の覚悟を聞き、自分ができることとして考えたのが海の幸の発送です」

 ボランティアをはじめ南三陸町に関わった人たちに、少しずつ復興している状況を伝えたいという思いもあったそうだ。

 「この仕事を始めて、多くの人の声に励まされました。人生、何があるか分かりませんね。地元を離れて仙台で暮らしていた長男が、海で働くために孫を連れて帰ってきたんです。震災の後だけに、まさか夢にも思っていませんでした」

 語り部バスの伊藤氏や阿部氏とお会いして思い出したのは、広島でのひとときだ。これまで海外で何度か戦争記念館を訪れた際に受けとめたのは、強く徹底した悲しみや怒りの訴えだった。ところが原爆資料館の展示は、それを包み込む優しさを感じて涙がこぼれた。南三陸町でもまた、然り。

 旅の業界ではダークツーリズムという名称をピースツーリズムに置き換えようという動きもあると聞くが、原爆ドームや南三陸町での体験はその表現がまさしくふさわしいという印象だ。苦難を乗り越えて前に進もうとする人間の強さ、助けられたことへの感謝を語る温もりを一人でも多くの方に触れていただきたいと思っている。

 最後に南三陸町のカキやホヤ、ワカメなどを味わい、筆者の美味ランキングが大きく変わったことにも触れておきたい。とりわけぷっくりとしたカキは、これからの季節に旨さを増す。

GPS管理による設計図をもとにした、現在の志津川湾の養殖場。かつては漁船がぎりぎりの状態で行き来したほど、ぎっしり筏が並んでいたという
GPS管理による設計図をもとにした、現在の志津川湾の養殖場。かつては漁船がぎりぎりの状態で行き来したほど、ぎっしり筏が並んでいたという
[画像のクリックで拡大表示]
漁船で養殖場を訪れる体験ツアーやワカメに関する知識を得てふりかけをつくるワークショップも開催。年齢や目的に応じて、海を語る紙芝居は複数用意されている (写真提供:たみこの海パック)
[画像のクリックで拡大表示]
漁船で養殖場を訪れる体験ツアーやワカメに関する知識を得てふりかけをつくるワークショップも開催。年齢や目的に応じて、海を語る紙芝居は複数用意されている (写真提供:たみこの海パック)
[画像のクリックで拡大表示]
漁船で養殖場を訪れる体験ツアーやワカメに関する知識を得てふりかけをつくるワークショップも開催。年齢や目的に応じて、海を語る紙芝居は複数用意されている (写真提供:たみこの海パック)

(タイトル部のImage:松隈 直樹)