東南アジア諸国からの出稼ぎ労働者による住み込み外国人家政婦が、生活の一部になっている香港。特に高齢者の自宅介護で大きな役割を果たしている。その外国人家政婦制度について、前回は筆者の経験も含め、受け入れ体制やメリット/デメリットなどを考察した。今回は、現行制度を踏まえながら、より介護に踏み込んだサービスを提供する新業態の姿を報告したい。

自宅介護の強力な味方

 平日の昼間、東南アジア系の家政婦が香港人高齢者の手を取り、寄り添って公園などに散歩に出かけたり、スーパーで買い物したりする姿は、香港では日常の風景だ。老夫婦や独居の老人が、住み込みの外国人家政婦と一緒に暮らしているケースも多い。

 地元の人から、日本で頻繁に耳にする「親の介護のために仕事を辞める」「家族の1人に介護の過剰な負担がかかっている」という声を耳にすることがまったくないのは、ひとえにこのシステムのおかげだと言えるだろう。

 とはいえ、高齢者の健康状態が悪化した場合には、一般の家政婦には世話が難しくなるので、老人ホームや病院に移ることになる。

 富裕層であれば、月10万香港ドル(約140万円)を払って、香港人看護婦を住み込みで雇って自宅介護を続けるということもできるものの、ほとんどの家庭では手の届かない金額。老人ホームは月額1万~4万香港ドル(約14万5000円~58万円)だが、外国人家政婦招聘のビザを使うことにより、それよりも安価で長く安心して続けられる自宅介護の仕組みを構築したのが、アクティブ・グローバル社だ。元は駐在員の妻としてシンガポールに住んでいたフランス人女性が2012年に起業し、2014年に香港支社を設立した。香港代表のスティーブン・チュウ氏は、提供サービスについて、以下のように説明してくれた。

アクティブ・グローバル社香港代表のスティーブン・チュウ氏。ビジネス畑出身だが、世の中の役に立つアイデアを、ビジネスで鍛えた効率性を生かして形にすることに喜びを感じているという(写真:筆者が撮影)
アクティブ・グローバル社香港代表のスティーブン・チュウ氏。ビジネス畑出身だが、世の中の役に立つアイデアを、ビジネスで鍛えた効率性を生かして形にすることに喜びを感じているという(写真:筆者が撮影)
[画像のクリックで別ページへ]

 「海外での看護師や介護士の資格保持者を、家政婦ビザで香港に招聘する。海外の資格なので香港では認められないものの、病院や介護施設での経験者なので、家庭での介護を任せるのに大変頼りにできる。中には本国で看護学校教員だった人材もいるなどレベルは大変高いが、住み込み介護担当者として月額約5000香港ドル~7000香港ドル(約7万2000円~10万円)で雇用できるので、一般家庭でも手が届く」とチュウ氏。

 前回で述べたような悪徳エージェンシーの問題も一般に知れ渡っているため「法律を遵守して、当社が家政婦に手数料などを払わせることはなく、契約時に手数料9800香港ドル(約14万2000円)を雇用者に請求する仕組み。他の課金は一切発生しない」と、透明性を強調している。ちなみに、家政婦達はアクティブ・グローバル社ではなく、各家庭から直接雇用される形になっている。

 アクティブ・グローバル社が提供するのは、主に香港招聘前に、雇用家庭と家政婦のビデオミーティングを含めたマッチング、ビザ手続き、香港の習慣や文化に則した生活指導と介護トレーニング。

 「全てのトレーニングは当社専属の看護師により実演を交えて行われるので、身に付きやすいと好評。また、香港で働き始めてからも、雇用家庭と家政婦、双方からの相談を受け付けているし、介護される高齢者の様態が悪化した場合など、必要に応じて専門家からの追加トレーニングを受けてもらうこともある」

アクティブ・グローバル社のトレーニング風景。母国での看護婦や介護士経験が豊富でも、香港で一般的なケア方法を学ぶことが大切だという(写真:アクティブ・グローバル社提供)
[画像のクリックで別ページへ]
アクティブ・グローバル社のトレーニング風景。母国での看護婦や介護士経験が豊富でも、香港で一般的なケア方法を学ぶことが大切だという(写真:アクティブ・グローバル社提供)
[画像のクリックで別ページへ]
アクティブ・グローバル社のトレーニング風景。母国での看護婦や介護士経験が豊富でも、香港で一般的なケア方法を学ぶことが大切だという(写真:アクティブ・グローバル社提供)

 現在までに約1000人を香港に招聘。その30~40%が看護師資格、70~60%が介護士資格の持ち主だ。