介護専任であることを強調

 雇用主への注意事項として「当社から派遣される人材は、介護専門なので家事は一切しないことを明文化している」。例えば訪ねてきた親戚が事情を知らずに、「この靴を磨いておいて」などと家事を頼んでくることもある。「そんな時には、『この人は介護専任で、夜通しお宅のおじいちゃんの面倒を見る体力が必要ですから、他の家事は頼まないでください』とこちらから改めて説明することもある」

 「高齢者介護」は、外国人家政婦ビザ要件の1つとしてもともと認定されているため、この仕組み自体に問題はない。ちなみに、外国人家政婦を呼び寄せて、自営の飲食店などの仕事を手伝わせたら法律違反になる。

 「当社では社会貢献の一環として、香港で働いている一般の外国人家政婦への介護研修を政府施設で行うなど、行政側とは協力関係にある」とチュウ氏。