熱々の叉焼豚、焼売、酢豚など、香港の伝統食に欠かせないのが豚肉。健康志向に加えて、地球に優しいライフスタイルへの関心がグローバルに高まる昨今、決してベジタリアンやヴィーガンに積極的とは言えなかった香港の飲食も変わりつつある。そんな中で香港ブランドのプラントベース代替豚肉「オムニポーク」は、香港の食と健康の未来図に欠かせない存在になっている。その考案者で、香港の食を変えようと奮闘してきた「グリーン・コモン」CEOのデイビッド・ヤン氏に開発秘話や香港最新事情をうかがった。

肉食愛好者の多い香港でもベジタリアンが増加中

 香港を本場とする広東料理と言えば、肉や魚と共に野菜もたっぷり使い、素材を生かしたあっさりした味付けが特徴。そんな栄養バランスが良い健康的な食生活が、香港の最長寿を実現した要因の一つであることは確かだ。とはいえ、抗生物質やホルモン剤に頼った飼育や環境破壊など、現代の畜産産業の在り方への疑問が世界的に広がり、新たな食の選択肢が求められているのは、香港でも同様だ。

 「グリーン・コモン」が2014年~2018年に行った「Hong Kong Vegetarian Habit Survey」によると、香港でのベジタリアンの人口は2016年2.5%から2018年3.7%と増加中。特に女性は2%未満から約5%と倍増している。そして「週一回以上ベジタリアンとなる『フレキシタリアン』」は全体の24%。一方で自らを「ハードコアな肉食愛好者」と呼ぶ人は、2014年の27.1%から2018年の15.2%とほぼ半減。

Green Monday創業者兼CEOのデイビッド・ヤン氏。世界経済フォーラムで「2018年度 最優秀社会起業家」の一人に選出されるなど、ミッション志向の実業家として国際的に注目を浴びている(写真:筆者が撮影、以下同)

 「2012年に代替豚肉の開発を決めた頃は、頭のおかしい人扱いをされていたよ」と語るのは、香港ブランドのプラントベース豚肉「オムニポーク」考案者のデイビッド・ヤン氏。食の伝統を重んじる香港では異端視されたが、今では14年連続ミシュラン三ツ星を維持する広東料理店「龍景軒」でもメニューに取り入れられているほど。