長引くコロナ禍を背景として、世界で健康的なライフスタイルへの関心が高まっている。ここ香港では、体に優しいウェルネス・ドリンクを提供するサービス「Lify Wellness」が人気を集めている。

Lify Wellness Herbal Brewerで、高麗人参と鉄観音茶などをブレンドした「Boost」を抽出しているところ。マシン上部のパネルは、ポットで茶葉が動く「ジャンピング」などの抽出プロセスをイメージしてLED表示が変わる仕組みで、茶の愛好家が満足感を持つように配慮している(写真:筆者が撮影、以下同)
Lify Wellness Herbal Brewerで、高麗人参と鉄観音茶などをブレンドした「Boost」を抽出しているところ。マシン上部のパネルは、ポットで茶葉が動く「ジャンピング」などの抽出プロセスをイメージしてLED表示が変わる仕組みで、茶の愛好家が満足感を持つように配慮している(写真:筆者が撮影、以下同)
[画像のクリックで拡大表示]

 Lify Wellnessは、新世代ハーブのCBD(Cannabidiol)から、香港伝統のハーブとも言えるTCM(Traditional Chinese Medicine)こと漢方の薬剤、そしてインドのアーユルヴェーダやヨーロッパ各地に伝わる植物療法までをカバーしている。全てを同じ土俵で科学的に分析してブレンドし、「ティー・ディスク」と呼ばれるカプセルにし、専用マシンを使い抽出する。美味しさと効用を最大限に引き出すウェルネス・ドリンクのシステムだ。

 専用マシンのLify Wellness Herbal BrewerにはWiFi機能があり、専用アプリと連動して、好みや体調などに合わせていれ方を調整できる。IoTやAIを駆使した高機能性が、次世代のティー・マシンとして注目を集めている。

得意分野の異なる姉妹による起業

 Lify Wellnessの創業者は、ラグジュアリーブランドのマーケティング職だったメイジング・リー氏と、メイジング氏の妹でインダストリアル・デザイナーのコニー・リー氏。2013年、日常生活を豊かに彩る分野のプロである姉と、科学分野に強い妹のコンビで、機能性と洗練さを併せ持つ製品をつくるデザイン・コンサルタント会社を設立。イタリアilly社のコーヒーカプセルマシンや、スマートジューサーなど、食とデザインと科学を組み合わせた製品の開発経験を積んでいた。

姉妹でLify Wellnessを起業したメイジング・リー氏(左)とコニー・リー氏。2020年ドイツ・デザイン・アワードを受賞した他、香港内外で複数のアワードを受賞
姉妹でLify Wellnessを起業したメイジング・リー氏(左)とコニー・リー氏。2020年ドイツ・デザイン・アワードを受賞した他、香港内外で複数のアワードを受賞
[画像のクリックで拡大表示]

 2017年初頭、女性ホルモンの乱れからの体調不良に悩んでいたメイジング氏が、漢方の婦人科系に特化したコースを受講し、自分の体のバランスをどのように取り戻せば良いかを学んだ。それがきっかけで、漢方の素晴らしさに改めて魅了されるとともに、新たなビジネスアイデアが浮かぶことになった。

 「世界には様々な伝統的植物療法があるものの、一般の人には難解で、使いこなすことが難しい。コニーとのブレストによって、体調に合わせた機能的なウェルネス・ドリンクを瞬時につくることができる、Lify Wellnessの開発を決意した」とメイジング氏。

伝統的に炎症鎮静や血行促進に効くとされているターメリック、ショウガ、シナモン、甘草、カカオの皮、リンゴと紅茶をブレンドした「Energy」。ターメリックは香港ではビーガン向けのドリンクなどに使われることが多い成分だ
伝統的に炎症鎮静や血行促進に効くとされているターメリック、ショウガ、シナモン、甘草、カカオの皮、リンゴと紅茶をブレンドした「Energy」。ターメリックは香港ではビーガン向けのドリンクなどに使われることが多い成分だ
[画像のクリックで拡大表示]

 「漢方といえば神秘的というイメージを払拭して、最先端技術やデータ志向のスマホアプリを駆使しながら、ユーザー・フレンドリーな機器を開発して、その効用を効率よく提供したい、と考えた。食材を組み合わせ、最大限の力を発揮させるイノベーションを導くために、漢方医師、中国茶マスター、ドイツの植物療法研究家など、製品開発チームには幅広い分野のエキスパートに参加してもらい、機能性+美味しさのバランスを追求した」とコニー氏。同年に「Lify Wellness」を発表した。

 香港サイエンス・パークにある研究所にメイジング氏とコニー氏を訪ねて、研究開発の様子や、その非常に考え抜かれた機能性、最先端ハーブを取り入れたラインナップなどを、さらに詳しく伺った。

R&Dの成果がぶれない美味しさに

 Lify Wellness Herbal Brewerにティー・ディスクを挿入すると、各ディスクに合わせて最適に調整された湯温や抽出時間が適用され、カップにお茶が注がれる。

 紅茶や中国茶をベースにしているタイプも多いため、「緑茶なら低温、紅茶なら高温など、お茶による最適な湯温や抽出時間を判断し、かつ漢方薬剤やハーブなどの有効成分を最大限に抽出しながら、各材料の味わいを適切に引き出すようにしている。これをウェルネス・ドリンクとして、機能性と美味しさを最大限に発揮させるようにブレンドしながら、ユーザー使用時にぶれが出ないように細心の注意を払う必要がある」とメイジング氏。

 組み合わせる食材が多岐にわたるため、最終ブレンドを1つ完成させるまでには、約3カ月を要するという。

 「最近の例では、漢方食材であるナツメを選び、乾燥させたものを砕いてブレンドしてみたところ、他の食材より水分量が多いことから、ベタつきが出てディスクの中でダマになってしまい、抽出具合にバラツキが出た。これは、ナツメをフリーズドライにして微粒状化することで解決できた」

 1つの食材についての徹底的な研究分析が完了すると、それはデータ・ライブラリーに蓄積されていくため、次回同じ食材を使う場合は1ブレンドにかかる開発期間が1カ月ほど短縮できるという。

研究所にて、マシン内と抽出口、カップ内など、異なるポイントでの湯温を正確にチェックし、スマホアプリとの連動も確認する実験中のコニー氏
研究所にて、マシン内と抽出口、カップ内など、異なるポイントでの湯温を正確にチェックし、スマホアプリとの連動も確認する実験中のコニー氏
[画像のクリックで拡大表示]
ドリンクの品質を均質化することを目指して、茶用屈折計で濃度を確認中
ドリンクの品質を均質化することを目指して、茶用屈折計で濃度を確認中
[画像のクリックで拡大表示]
ブリックス屈折計で、ドリンク内の糖含有量を測定する
ブリックス屈折計で、ドリンク内の糖含有量を測定する
[画像のクリックで拡大表示]

アプリ連動で好みや体調によるカスタマイズ可能

 「欧米、特にアメリカで、東洋発の漢方の素晴らしさを広めたいという狙いもある」とメイジング氏が語る通り、原料の入手元だけでなく、そのターゲット市場もグローバル。当然、東西だけでなく、各国でお茶の濃さなど、味の好みも大きく異なる。食材によっても、例えば西洋人ならターメリックであれば濃味を好み、高麗人参(ジンセン)であれば薄味を好むなどの傾向があると言う。

 「1つのウェルネス・ドリンクを、ユーザー1人1人の好みに合わせて調整できる仕組みとして、専用アプリをマシンと連動させ、温度、味の濃淡などの他に、天候、体調、女性であれば月経周期などによって、調整することもできる。好みに合わせた設定は保存できるので、毎回入力し直す必要もない」とメイジング氏。

 また、従来のカプセル式ドリンク・マシーンとの違いとして、例えば不燃ゴミになりがちなカプセルに生分解性のある素材を使用するなど、サステナビリティへの配慮の高さが評価されている。

リラクゼーションを強調したFruit TeaラインのSunset。中央がティー・ディスクで、14個入り。抗酸化物質たっぷりのハイビスカスやレモングラス、ローズヒップ、オレンジなどをブレンドし、カフェインフリーで、名前通り仕事の後などに気分をスッキリさせつつ、日暮れ時に飲んでも睡眠に影響しない
リラクゼーションを強調したFruit TeaラインのSunset。中央がティー・ディスクで、14個入り。抗酸化物質たっぷりのハイビスカスやレモングラス、ローズヒップ、オレンジなどをブレンドし、カフェインフリーで、名前通り仕事の後などに気分をスッキリさせつつ、日暮れ時に飲んでも睡眠に影響しない
[画像のクリックで拡大表示]

多彩な製品ラインナップ

 2021年4月現在で、ティー・ディスクは全15種類あり、大きく(1)霊芝、陳皮、高麗人参などの漢方系食材をふんだんに使い、免疫強化、活力増進、炎症鎮静などの機能を持つ「Oriental Function」、(2)西洋ハーブを中心にして、リラクゼーションや安眠などを目的にした「Herbal Wellness Series」、(3)フルーツの美味しさを生かして、さまざまなお茶やハーブを取り入れた「Fruit Tea」、(4)話題のCBD製品などを含む「Special Selection」の4カテゴリーに分類されている。

 発売初期からの人気ブレンドは、前出の「Energy」に加え、不眠に悩む人向けでルイボスティーとスイートカモミールをブレンドしたカフェインフリーの「Sleep」、体の熱を取り内臓機能を安定させて体調を整える漢方食材である羅漢果とウツボグサ、菊をブレンドした「Sooth」などがある。

 個人での購入に加えて、香港では健康志向のカフェやホテル、スパ、ジムなどの施設での導入が順調に増えているという中、昨年後半に発売した製品が、Lifyの知名度を一気に押し上げた。それが「Special Collection」に含まれているCBD製品だ。

4つのラインの主製品とHerbal Brewer。上段いちばん左の「Young」は、アンチエイジングに特化したコラーゲンたっぷりの新製品。上段右が新世代ハーブCBD製品。香港のCBDの扱いは、麻薬成分のTHC含有量0%と証明されていれば、特に販売場所などの規制がない。
4つのラインの主製品とHerbal Brewer。上段いちばん左の「Young」は、アンチエイジングに特化したコラーゲンたっぷりの新製品。上段右が新世代ハーブCBD製品。香港のCBDの扱いは、麻薬成分のTHC含有量0%と証明されていれば、特に販売場所などの規制がない。
[画像のクリックで拡大表示]

新世代ハーブCBDを漢方と同列に分析

 CBDことカンナビジオールは、2018年頃からアメリカで大ブームになっている新世代ハーブ。大麻の一種でありながら、麻薬と分類される依存性や陶酔作用などがあるTHC(テトラヒドロカンナビノール)成分がほとんど含まれないヘンプ由来である。CBDは食品、ドリンク類のほか、CBDオイルを使ったスキンケア製品やスパマッサージなど、美容の分野でも急速に人気を拡大している。主に不眠やストレス解消効果がうたわれている。

 「CBDのウェルネス・ドリンクを開発するきっかけになったのは、CBDが早くから流行していたアメリカで展示会に参加したこと。来場者の多くが漢方と西洋ハーブの組み合わせに興味を示し、CBDを取り入れた製品はないのかとの問い合わせを受けたことから、その後長くアメリカで研究開発を進めてきた」

 ちなみに香港人は、伝統を重んじる気風が強いものの、早い時期からCBD啓発のためのカフェをオープンさせ、その効能と安全性を熱心に伝えた先駆者がいたこともあって、欧米育ちの香港人を中心にCBDへの関心が高く抵抗感が少ない。

 香港のCBDの扱いは、麻薬成分のTHC含有量0%と証明されていれば、特に販売場所などの規制がないこともあって、現在はカフェ、バーなどでドリンクに使われるほか、健康食品店や高級スーパーでも、ライフスタイル製品として販売されている。一方、米国ではCBDにTHC含有0.3%、ヨーロッパでは0.2%、スイスでは1%まで許容されるなど、国によって規制が異なるので、製品や原材料の輸入には注意が必要だ。

 Lify Wellnessで使用するCBDは、香港で既に安全性と品質に定評があるブランドのLifeから仕入れることで、高品質であり規制をクリアしていることが証明されている。

 LifyのCBDラインは、現在、2種類ある。1つは「CBD Day」で、日中向けに集中力と活力を高めるためのもの。CBD25gと高麗人参、生姜、レモングラス、緑茶由来カフェインがブレンドされている。もう1つは「CBD Night」。仕事後に心を落ち着けて安眠に導くためもので、同じくCBD25gと抗酸化作用が強いローズヒップとハイビスカス、まろやかなフレーバーの梨をブレンドしている。

2種類のCBD製品と、高麗人参の風味が特徴的なCBD Dayのドリンク。香港ではファンがどんどん増えている。人によって効果の出具合が違うそうで、筆者はあまり感じられなかった
2種類のCBD製品と、高麗人参の風味が特徴的なCBD Dayのドリンク。香港ではファンがどんどん増えている。人によって効果の出具合が違うそうで、筆者はあまり感じられなかった
[画像のクリックで拡大表示]

 最先端ハーブであるCBDと漢方など古今東西のハーブを同じ土俵にのせ、組み合わせるというLify Wellnessならではの特徴ある商品に仕上がったことから、現地メディアにも注目され、現在売上ナンバーワンとなっている。

 「CBDに関心を持つ新しいユーザー層を取り込めた。香港では、CBDビールやコーヒーなどが飲食店で出されるようになってきているが、Lifyの製品はしっかりした科学的ベースを持ちつつ美味しいという点で差異化ができている。多数のカフェでマシンと一緒に採用してもらっている」とメイジング氏。

安眠を導く成分をたっぷり入れたCBD Night
安眠を導く成分をたっぷり入れたCBD Night
[画像のクリックで拡大表示]

 人気の高さを背景として、現在は、男女それぞれの健康ニーズに合わせてブレンドしたCBD Man/Womanラインや缶ドリンクなどを開発中。またティー・ディスクでは、前述の「Young」を含む、コラーゲンや抗酸化物質を吸収しやすく美味しく仕上げた美容目的の新ラインも好評で、現在拡大中。高級スパのリラクゼーション・ルームでの需要が高い。

 コロナ禍で一時動きが止まっているが、日本の企業からも関心が寄せられているほか、特に欧米での反響が強く、今後の世界展開に期待が持てる「新世代ウェルネス・ドリンク・ブランド」として注目していきたい。

(タイトル部のImage:筆者が撮影)