香港は、食生活など日常の生活に「漢方」こと「中医学」(漢方とは、中国から伝来した中医学が日本独自の発展を遂げた医学を指す、日本にしかない呼称。本稿では医学の名称としては使用しないが、薬については「漢方薬」と呼ぶ)の考え方が浸透しながら、西洋医学の水準も国際的に高い。医学においても東西の文化が独特なバランスで共存する土地柄だ。2019年に登録された西洋医は1万4651人、中医(中医学医師)1万54人と、ほぼ3:2の割合になっている。

昨今、東西の両文化を知る香港人の若者が、中医学を貴重な優良コンテンツと捉え、様々な最先端技術や外来のコンセプトと組み合わせて新ビジネスを生み出していることは、本連載でも取り上げてきた。東西医学の融合をうたう新公立病院も2024年に香港に設立される予定だとも聞く。

一方で、特に欧米の医学界では「中医学は偽科学」と断定する偏見もまだまだある。国際的に微妙な位置づけにある中医学にあって、東西融合の現状を知りたいと訪ねたのが、香港を代表する理系大学であるHKUST(香港科技大学)生命科学部のカール・ツィム教授だ。

HKUSTの実験室で漢方薬のメカニズム解析を続けるカール・ツィム教授(写真:筆者が撮影)
HKUSTの実験室で漢方薬のメカニズム解析を続けるカール・ツィム教授(写真:筆者が撮影)
[画像のクリックで別ページへ]

 ツィム教授は英国ケンブリッジ大学で分子神経生物学博士号を取得後、ケンブリッジと米国スタンフォード大学で博士研究員を務めた。その後、中医学の研究者の道を選び、中医学のグローバライゼーションを目指して、効能分析から臨床試験までを積極的に推進。その知見を生かした様々な共同開発やプロジェクトにも着手している。

 東西融合について知る以前に、ツィム教授の視点から繰り出される内容は、ジャーナリストでもつい「中国4000年の歴史に育まれた」などの枕詞で終わらせてしまいがちなところに、中医学を理解する上で重要なポイントが多数隠れていることに気づかされた。

 中医学の現在・過去・未来を考えるシリーズ第1回目は、中医学の基本と西洋医学との根本的な違いを踏まえた上で、東西医学の融合に対するツィム教授の知見をご紹介しよう。