香港に根付く中医学。前回「中国4000年の歴史を持つ『中医学』の本当の実力」は、東西の医学に通じているHKUST(香港科技大学)生命科学部のカール・ツィム教授に、まったく異なる成り立ちと性質を持つ東西医学の違いと、意外なところで接点を持つ両者のつながりについて、詳しく説明していただいた。

2回目の今回は、中医学で使われる漢方薬成分と、西洋伝統の民間療法であるアロマセラピーを組み合わせることで生まれた、抗コロナウイルス機能を持つマスク用パッチを中心に、中医学と漢方薬の新たな可能性を探っていこう。

視点を変えて見つける新たな活用

 医学書はもちろん、哲学書や小説など、過去4000年にわたり様々な文献を検証して漢方薬の変遷を見てきたツィム教授。その時代の中国人の経済状況が、漢方薬の処方にも大きく影響してきたことは、前回も紹介した。

HKUSTの実験室で漢方薬の研究を続けるカール・ツィム教授。HKUSTは2021年度世界大学ランキング27位の超一流大学だ(写真:筆者が撮影)

 「過去にないほど中国人が豊かになった現代では、ほとんどの薬草は、薬用成分が最も濃厚な根の部分しか利用されない。だが廃棄処分になる葉や茎にも、根ほどではないにしても同じ成分が含まれている。これを有効活用する術はないかと考えた」

 ツィム教授が手を組んだのが、広東料理の代表的な魚であるガルーパ(石斑)の養殖場。

 「養殖魚と言えば、経済効率のために抗生物質漬けにされがち。香港のレストランのために魚を育てている中国・シンセンにある養殖場で、漢方薬草の余った葉や茎を原料にした天然の抗生物質を使った養殖を実験的に行っている」

 そんなアイデアの宝庫であるツィム教授が昨年から取り組んでいるのが、アロマセラピーと中医学の融合。ツィム教授と共同開発をしているアロマセラピストでキャット・レイ・ウェルネス創業者のキャット・レイ氏にもインタビューに加わっていただいた。