7~8月に再び香港で拡大した新型コロナ第三波は、9月に入り収束しつつある。飲食業界への入店人数や開店時間などの厳しい規制が緩まり、夏休み明けからオンライン授業が続いていた学生も、ようやく通学が再開された。政治的不安は日本でも報道されている通りではあるが、市民の日常生活では今のところ大きな変化はなかったりする。

平常運転が近づいていると言える一方で、なくなる気配はないコロナと共に生きる覚悟を決めて、一変したライフスタイルや新たに生まれた需要にどれだけ合わせていけるかが、あらゆる業界で生き残りの鍵となっている。

前回に続き、さまざまな分野で培ってきた技術を生かしながら、コロナ禍ならではのニーズに対応する製品を開発している、香港ならではのスタートアップ企業を追う。今回は「5G、ロボット技術、AI、クラウド、IoTなどの最先端技術を、エコロジー(教育、健康など)に融合させて、よりよい生活を作る」ことをミッションとするRoborn社を訪ねてみた。

ICTでより良い生活を作るスタートアップ、Roborn

 2017年に創業されたRobornは、サイエンスパークと並ぶ香港のハイテクハブとして知られる香港島南部のサイバーポートにある。

Robornのオフィスには、開発者マーク・マク氏にうり二つのMEロボットが展示されている

 2018年に発表した「ME」は、操作者と1:1のサイズで作られ、先進的な動作検知技術とアルゴリズムを備えており、5Gを生かした遠隔地から携帯しやすい軽量コントローラーを使って操作者の動きを繊細に再現できるヒューマナイド・ロボット。頭に一人称視点のカメラを内蔵し、操作者のVRゴーグルにより上下左右に頭を動かすこともできる。まさに「ME=自分の身代わり」として、危険地域などの観察をスムーズにこなすのに最適だ。

 ロボット技術で示した斬新な発想と技術力の豊かさが評価され、スタートアップ企業ながら中国最大手で世界最大の携帯電話事業者である中国移動通信の5G戦略パートナーに抜擢されたほか、「香港ICTアワード2019」では、「スタートアップ企業大賞」を受賞するなど、目覚ましい活躍をしている。

繊細さが自慢の動作検知技術を使ったロボットアームの遠隔操作。卵の殻に割れ目が入るところで止められる。実際にやってみると、物体の触感が自分の手に伝わる感覚があった

 創業者は最先端技術担当のマーク・マク氏、実務担当のエデン・ルー氏。後にポートフォリオと戦略担当のラリー・プーン教授が加わった。

 「Robornには二つの柱がある。一つは市場より遙かに先を行くクリエイティビティと最先端技術。もう一つは市場のニーズを確実に捉えたソリューションとなる商業化」と淀みなく語るのは、プーン教授。

Robornで紫外線による自動殺菌ロボットUNICORNの前に立つ、共同創業者のマーク・マク氏(右)とラリー・プーン教授

 プーン教授、実は、かつてマク氏とルー氏が通ったCUHK(中文大学) MBAの現役教授であり、アジア太平洋地域で多数の企業の経営に関わっている熟練の事業家。CUHK MBAは1960年代に創設されたアジア最初のMBAプログラムとして、ファイナンシャル・タイムズ世界MBAランキングで2020年は50位に位置する名門校。二人とは師弟の関係からビジネスパートナーに発展し、RobornのCEO兼共同創業者に就任している。