長寿世界一で高齢社会の香港。その医療レベルは世界最高水準で、住民であれば公立病院で非常に手ごろな価格で高度医療を受けることが可能だ。しかし、香港全体の40%に過ぎない公立病院の医師が、香港全体の入院患者の90%を担当しているという不均衡から、公立病院の慢性的な混雑が社会問題になっていることは、前回お伝えした通り。

たたみかけるように増額が続く

 特に高齢者ほど、ちょっとした風邪でも少し離れた公立病院の緊急救命室を訪ねる習慣があるという。近所にある私立クリニックを掛かりつけの医師として利用するように促すことで、公立病院の負担を軽減できると同時に、高齢者自身の通院や待ち時間の負担が減り、よりきめ細やかなプライマリーケアも受けられるようになる。これが大病の予防となれば、高齢者の生活の質も向上できる。また、糖尿病や高血圧、透析など、定期的な通院が必要な持病を持つ高齢者の診療を公立病院から切り離すことができれば、相当な負担軽減になることが見込まれる。

 そんな目標を達成するインセンティブとして発案され、2009年に3年間の試行が始まったのが、私立クリニックを使用する際の補助金となる高齢者向けの「医療券」。70歳以上の香港ID所持者、つまり香港への居住登録者であれば対象になり、年間250香港ドル(約3500円)分が支給されていた。

医療券が使用できる施設は、外から見える場所に「医療券」のサインが必ず貼ってあるので一目瞭然(写真:筆者が撮影)

 2012年に金額が500香港ドル(約7000円)となった後は、毎年倍増を繰り返し、現在は年間3000香港ドル(約4万2000円)。2014年からは、正式な継続的プログラムになり、2017年には対象年齢が65歳に引き下げられた。