先送りも可能に、コメディドラマ風の広報も

 2014年からは、支給年に使い切らなかった金額の先送りが可能になり、その上限金額は同年の4000香港ドル(約4万8000円)から始まり、2019年には8000香港ドル(約8万4000円)となるなど、たたみかけるように増額を続けている(表)。

対象年齢 年額 次年度
繰り越し上限
2009-2011 70歳以上 250HKD
2012   500HKD
2013   1,000HKD
2014   2,000HKD 4,000HKD
2015   2,000HKD 4,000HKD
2016   2,000HKD 4,000HKD
2017 65歳以上 2,000HKD 4,000HKD
2018   3,000HKD 5,000HKD
2019   3,000HKD 8,000HKD
表:医療券制度の変遷(出典:https://www.hcv.gov.hk/eng/pub_target_group.htm)

 インセンティブとしての効果を発揮させるために、まずは医療券自体の認知度を高める必要がある。一般的で真面目な政府広報CMの他に、コメディドラマ風の広報番組も製作しているところが香港らしい。

広東語と英語の二言語対応による政府広報ビデオ(YouTubeより)

Information Services Department, HKSARG


香港のテレビ局RTHKとのコラボレーションによるコメディタッチの広報ビデオ(YouTubeより)

Elderly Health Service

 この医療券を使用できる施設は非常に幅広く、一般的な西洋医学のクリニックはもちろん、中医学と呼ばれる漢方クリニック、歯科医院、カイロプラクティス、物理治療、X線、健康診断、検眼などまで含まれている。