2014年から男女ともに平均寿命世界一位(厚生労働省調べ)を続ける香港。ともに医療の質が高く、健康的な食生活を好む文化がある日本との差はどこでついたのか。長期にわたる日港の社会政策上の違いが鮮明なのが、喫煙対策。香港では1980年代から政府主導の施策が積極的に実施されてきた。当時から香港の喫煙対策に深く関わってきた第一人者に、その詳細をうかがいつつ、日本との違いを浮き彫りにする。

 都会の喧噪に包まれた香港島中心部から離れて、おだやかな海と広い空が広がる香港島南部にある香港大学医学部。同大学の公衆衛生学院院長であり、長年、喫煙問題に関わってきた林大慶(ラム・タイヒン)教授を訪ねた。

 「話を始める前提として、『香港が長寿世界一』がニュースになっているのは、他国の平均寿命に強い関心を抱く日本の厚生労働省が編纂した比較データによるもの。香港は国ではなく特別行政地区、つまり一都市ですから、本来、国単位で比べる比較には入りませんし、自ら『世界一』を名乗ってはいないのです。医療の質や病院、医師などの数、救急車などのアクセスの良さは、一般的に都市部の方が田舎より上回るものですから、平均寿命にも影響してきますからね」と林教授。

喫煙問題の第一人者、香港大学公共衛生学院の林大慶教授(写真:筆者が撮影)

 「実際のところ日本と香港、両方とも寿命は延び続けているし、その差は僅か。例えば1歳未満の幼児の死亡率は、当然平均寿命に大きく影響します。これは両地とも、長年高水準(2018年は日本0.9%*1、香港1.5%*2)を保っています」

*1 WHO(世界保健機関)World Health Statistics(世界保健統計)2018年
*2 Department of Health;Demographic Statistics Section, Census and Statistics Department, Hong Kong

 幼児の次に平均寿命への影響が大きいのが、50歳前後の死亡率上昇。国連とWHOは、大きな影響を与える要因として、(1)喫煙、(2)アルコール、(3)食生活、(4)運動不足、(5)大気汚染を挙げている。「このうち、(5)の大気汚染の悪化は、過去10~20年ほど前。(3)の食生活の西洋化は30年ほど前から始まり、過去10年ほどで肥満が増加しています。科学的調査でこれらの影響が数値の出てくるのは、おそらく10年~20年後のことでしょう。この中で(1)の喫煙は70~80年前に増加したものなので、現在、影響が数値に表れています。(2)のアルコールも同様ながら喫煙の方が、深刻度が高い」

日本と香港、男女別平均寿命と喫煙率の比較(図:図中に記載の資料を基にBeyond Healthが作成)