「ゲノム医療」。最近、話題に上る言葉だ。特にがんのゲノム医療について国内で遺伝子検査の保険収載が始まったことで、メディアにも多く取り上げられるようになった。しかし、解析結果は専門用語ばかりで専門家以外には意味不明。解析したところで、理解や診療行動につながらなければ意味がない。医療情報・ゲノムデータを解釈しやすい形に可視化することを生業とする西村邦裕氏が、ユーザーエクスペリエンス(UX)の視点から「がんゲノム医療」について分かりやすく解説する。

西村 邦裕(にしむら・くにひろ)
テンクー(Xcoo, Inc)代表取締役社長(CEO)
西村 邦裕(にしむら・くにひろ) 2001年東京大学工学部卒業。 2006年東京大学大学院工学系研究科にて学位(博士[工学])取得。同大助教を経て2011年テンクーを創業。専門は情報の可視化、バイオインフォマティクス、ヒトゲノム解析、バーチャルリアリティ。大学時代から遺伝子発現や次世代シーケンサー(NGS)のデータ解析を行う。テンクーにてゲノム医療のためのトータルソリューションソフトウェア「Chrovis」を開発し、日本にゲノム医療を根付かせるために奮闘している。文部科学省「科学技術への顕著な貢献 2018 (ナイスステップな研究者)」選定。大学発ベンチャー表彰2019文部科学大臣賞受賞。
(写真:寺田 拓真)