がんの遺伝子パネル検査の保険適用が2019年6月に始まり、がんのゲノム医療への関心が高まっている。がんのゲノム医療とは、個々の患者のがん細胞の全ゲノムデータを読んで、ゲノム中の変化(バリアント)を知り、それに最も適した薬を選んで治療する医療のこと。そして、約30億個といわれる塩基配列を含む膨大なデータの解析を行う際、シークエンサー(遺伝子を読む装置)とともに欠かせない存在となっているのが「クラウド・コンピューティング」だ。略して「クラウド」とも呼ばれる。今回から、このクラウドがゲノム医療の実現にどのように関わっているのか見ていこう。

 その前に、ユーザエクスペリエンス(UX)の視点から、そもそもクラウドとは何かについて分かりやすく解説してみたい。

クラウドとは

 クラウドは、民間のセクターでは既に利用が進んできており、デジタルトランスフォーメーション(DX)の言葉とともに一気に浸透してきている印象があるが、国内の医療現場では、その言葉を聞くことはまだ少ないように感じられる。ただ最近になって、徐々に「クラウド電子カルテ」「医療画像クラウド」などの言葉を耳にするようになってきた。

 まず、クラウドについて簡単に説明しよう。クラウドは、諸説あるが、語源が「雲(Cloud)」ともいわれ、よく「雲」の絵で表現される。ネットワークでつながれたコンピュータ資源が世界中の雲の中に存在しており、必要に応じて増やしたり減らしたりしつつ、自由に利用できるイメージだ。たくさんのコンピュータ資源が物理的にはバラバラの場所にあるものの、あたかもユーザから見ると一つのコンピュータのように見え、場所を意識せずに必要に応じて使える仕組みが「クラウド」である。コンピュータの資源としては、計算量(CPU)やメモリ、記憶容量(HDD)がメインとなるが、使いたいだけアサインできるのがクラウドのメリットとなる。

 一方、これまでの設置型のコンピュータは、「オンプレミス」と呼ばれている。分かりやすく言えば、目の前に見えるコンピュータのことである。物理的に社内(on-premises)にコンピュータが設置され、そのコンピュータにアクセスして利用するのが以前は一般的であった。何かサービスを行おうとすると、自社でコンピュータを買って設置し、ソフトウェアのインストールを行い、様々な設定をして、管理しながらサービスを提供する必要があったわけだ(図1)。

図1●オンプレミスとクラウドの違いのイメージ(出所:テンクー、図2とも)