「自分で管理したい情報は何でしょう?」と聞かれたら、皆さんはなんと答えるだろうか? 「お金」と答える方は多いだろう。お金は、銀行に預ければネットや通帳で管理できるし、お小遣い帳をはじめ、様々な管理ツールがある。キャッシュレス決済やスマートフォンでの支払い管理が普及し始め、金融にIT(情報技術)を生かしたフィンテックも身近になってきた。

 あなた自身や家族の健康情報・医療情報も、同じように自分で管理したい情報ではないだろうか。赤ちゃんを産んだ母親がまず気にするのは、赤ちゃんの健康状態と医療情報だ。また、離れて暮らす親や一人暮らしの子どもが元気かどうか、風邪を引いていないかなども気になる。そして、けがや病気になったときに初めてその重要性に気がつくのが自分の医療情報である。毎年の健康診断、人間ドックなどの情報がどこにあるのか。以前もらった薬の情報はどこにあるか。お薬手帳に全部ある? 紙でもらいつつ、どこかに行ってしまった、ということが多いのではないだろうか。自分の医療情報はかかりつけの病院のカルテにあるから、その病院にかかれば大丈夫、と思ってはいないだろうか。

PHRとUX

 自分の健康情報・医療情報は、本人の歴史ともいえる。もしこの情報を全部、自分で管理できていれば、引っ越しや旅行先、転勤などで病気になったときに、当地の医師に見せることで、初めからあたかも「かかりつけ医」のように診てもらうことができるのではないだろうか。救急のときにも、禁忌の薬やアレルギーの情報がすぐに見せられたら、それに即した対応をしてもらうことができる。これこそ、医療情報のユーザーエクスペリエンス(UX)である。

 このように医療情報のUXを考えると、自分の健康情報・医療情報をどう管理し自身の健康管理や受診に生かすことができるのか、という課題に突き当たる。この自分で管理できる健康情報や医療情報は、パーソナル・ヘルス・レコード(Personal Health Record:PHR)と呼ばれている。PHRには、様々な定義がいわれており、例えば、体重・血圧などの健康情報のみを本人が管理できるPHRもあれば、医療機関での検査情報などの医療情報も含めたその人個人の医療情報を本人が管理できるPHRもある。

図1●様々な個人の医療情報・健康情報が集まるPHRのイメージ (出所:テンクー)