ゲノム医療に限らず、様々な分野の新しい技術は、研究から実用・商用化されるものが多い。ただ、産学連携や大学発ベンチャーが実を結ぶ確率は低く、研究と実用・商用化との間には、「死の谷」と呼ばれる大きなギャップが存在するのも事実。今回は、この谷をユーザーエクスペリエンス(UX)の視点から考えてみよう。

研究とアートにおける谷

 以前、私が大学で研究をしていた頃、アカデミックのアウトプットとパブリックのアウトプットとのギャップを感じたエビソードから紹介しよう。

 当時、複数の研究室と合同でアートの展覧会を行った。2009年に羽田空港で1カ月間(一部は3カ月強)開催した「Digital Public Art in Haneda Airport 「空気の港」~テクノロジー×空気で感じる新しい世界~ 」展1,2)である。アーティストの鈴木康広さん3)とコラボレーションした展覧会で、羽田空港施設全域に体験型の作品を設置し、空港を利用する方に体験してもらう企画であった。この中で、複数の研究室のメンバーと鈴木さんと一緒に、作品を創り上げていく作業を行った。このプロジェクトは「デジタルパブリックアート」と名前からも想像できるように、情報技術を用いたアート作品を公共の場所に展示し、その場所をたまたま訪れた方に体験してもらう実証研究であった。

1)Digital Public Art in Haneda Airport「空気の港」~テクノロジー×空気で感じる新しい世界~開催
2)researchmap 西村 邦裕
3)MABATAKI NOTE

 この作品制作の際に感じた点の一つが、研究のアウトプットと展示用アートとのギャップである。すなわち、「研究室で担当者が動かして見せるためのシステム」と、「約1カ月にわたる公共の場で動かし、かつ、多くの方の目に触れ、体験していただくためのシステム」とのギャップである。単純に担当者が操作あるいは補助していて、その場でデモンストレーションをするシステムと、誰も操作せずに自動で起動し、来ていただいた方に初めて触ってもらうシステムとの間には、想定も準備も大きく異なる。基本動作は同じであっても、その後、体験してもらうためのブラッシュアップが必要となる。さらに、研究として仕組みを見せて分かってもらうことを目的とした場合と、アート作品として成立させる場合とでも、文脈が大きく異なる。

 このように、体験型の研究発表をすることと、アートの作品として成立させることの間には、近い部分はあるものの出口が異なるため、作り込みや安定性、体験の仕方、見せ方などの点で大きな差があることを実感した。そのため、展覧会の作品制作の際には、ゴールを展示と置き、いわゆる研究活動とは異なる開発や実装も含めて行い、様々な研究室のメンバーと一緒に制作をしていき、なんとかそのギャップを埋めようと努力したことを記憶している。