ある職場での会話。

Aさん ここのところ、疲れていそうですけど、何かあったんですか。
Bさん 実は最近、父ががんになって治療しているんですよ。
Aさん この前、新聞で読んだのですが、がんのゲノム医療というのが始まったみたいですよ。
Bさん ゲノム医療? それ何ですか。
Aさん がん組織のゲノムからその人に合っている薬を見つけるみたい。
Bさん 父にもできるのでしょうか。
Aさん お医者さんに聞いてみて。まだ対象の患者さんが限られているのと、検査しても薬が見つからないこともあるみたいなので。
Bさん ありがとう。家族に相談してみます。

 「ゲノム医療」。ここ最近、よく話題に上る言葉だ。特にがんのゲノム医療について今夏、国内で遺伝子検査の保険収載が始まったことで、メディアにも多く取り上げられるようになった。がんのゲノム医療とはざっくり言うと、がん組織の遺伝子を調べ、その特徴に応じて、より適切な薬を選択すること。とはいえ、遺伝子の解析結果は、専門的な用語ばかりで専門家以外には意味不明。解析したところで、理解や診断・治療といった次の行動につながらなければ意味がない。

 筆者は、「ユーザーエクスペリエンス(UX)」という視点に立ち、医療情報・ゲノムデータを解釈しやすい形に可視化することで、解析結果を使う医療者に理解を促してアクションを取ってもらうためのソフトウェア開発を生業としている1)。本コラムでは、分からないことが多いがんゲノムに関する情報をどう知ってどう行動に移していけばよいのか、UXの視点からアプローチをしていくことで、読者の方々の理解の一助となれば幸いである。

 がんのゲノム医療の検査は「がん遺伝子パネル検査」と呼ばれる。まず絵を紹介しよう。

図1●がん遺伝子検査(出所:テンクー、図2とも)

 がん組織を対象にして、がん遺伝子パネル検査を行う。次世代シーケンサー(NGS)と呼ばれる遺伝子の読み取り装置を利用して読み取った遺伝子データを解析し、適切に意味づけして、がんの特徴を理解し、適切な薬剤や治験を見つけて、治療に役立てていくのが、がん遺伝子パネル検査である。図1の絵のように、一般の血液検査と同じように「検査」の一種であり、より適切に身体の状態を理解をする、という点では一般の検査と同じである。これを遺伝子の情報で用いるのが新しい点だ(関連記事)。