ジャンルを問わず、世の中に新しい価値を創出したDisruptive Innovator(ディスラプティブ・イノベーター:破壊的創造者)の生の声をお伝えするインタビューコラム「Disruptive Innovators Talks ~新たな価値の創造者たち~」。第10回は、障害を通した人間の身体のあり方の研究で脚光を浴びる、伊藤亜紗・東京工業大学科学技術創成研究院未来の人類研究センター長が登場します。

「障害者一人ひとりの体の違い」を示した伊藤氏の研究成果は大きな反響を呼びました。その違いを認め合うことから見えてきた障害者と健常者の新しい関係性は、美術、スポーツ、コミュニケーション、建築や街のあり方など、人々の考え方や生活シーンを根本から見直させる力を持っています。

伊藤亜紗(いとう・あさ)
伊藤亜紗(いとう・あさ)
2010年に東京大学大学院人文社会系研究科基礎文化研究美学芸術学専門分野を単位取得のうえ、退学。同年、同大学にて博士号を取得(文学)。日本学術振興会特別研究員を経て、2013年に東京工業大学リベラルアーツセンター准教授に着任。2016年4月、同大学リベラルアーツ研究教育院准教授に、2020年2月、未来の人類研究センター長に就任。主な著書に『目の見えない人は世界をどう見ているのか』(光文社、2015年)、『どもる体』(医学書院、2018年)、『記憶する体』(春秋社、2019年)、『手の倫理』(講談社、2020年)など(*1)。同時並行して、作品の制作にもたずさわる。専門は、美学、現代アート。もともと生物学者を目指していたが、大学3年次に文転。障害を通して、人間の身体のあり方を研究している(写真:鈴木愛子)
[画像のクリックで別ページへ]

伊藤さんが障害を持つ人たちの身体感覚に関心を持ったのはどうしてですか。

伊藤 自分が「この体を与えられている」ということって、単なる偶然でしかないわけですよね。全く選択権がなくこの体で生まれてきてしまうわけですが、それを引き受けなくてはいけない人生なわけです。ある種、暴力的なことですよね。まず、このことがすごいなと思っているんです。

 自分のこの体から出ることはできないけれど、でも、想像力の範囲内ではありますが「違う体になってみる」ということはできるはずなのではないか。別の体で世界を見ると、世界の違う顔も見られるだろうなと思いました。

ある意味、素朴ともいえる興味・関心が出発点だったんですね。

伊藤 純粋な興味ですよね。興味と、不安みたいなものも、どこかであったかもしれないですね。自分自身の体に対して「この体を引き受けなきゃいけないんだ」という不安な感覚を持っていましたし、「みんなはどう思っているのかな」と思ったりもしていました。

自分以外の体はどのくらい違って見えましたか。「ある程度予想通りだった」のでしょうか。あるいは「それ以上」でしたか。

伊藤 そうですね。思った以上に、思っていた100倍ぐらい(笑)、やっぱりみんな、それぞれすごく体が違うし、外から見えてない面というのはあるなと思いますね。


注)
*1 伊藤氏の主著、左から『目の見えない人は世界をどう見ているのか』(光文社、2015年)、『どもる体』(医学書院、2018年)、『記憶する体』(春秋社、2019年)、『手の倫理』(講談社、2020年)。様々な視点から人間の身体感覚に迫っていく。