ジャンルを問わず、世の中に新しい価値を創出したDisruptive Innovator(ディスラプティブ・イノベーター:破壊的創造者)の生の声をお伝えするインタビューコラム「Disruptive Innovators Talks ~新たな価値の創造者たち~」。第7回は、「途上国から世界に通用するブランドをつくる」をミッションに成長をつづけるファッションブランド、マザーマウスを創業した山口絵理子氏が登場します。先進国の多くのアパレル企業が「下請け」あるいは「社会貢献」としてしか考えてこなかった途上国とのビジネスシーンにおいて、山口氏は現地の素材を見出し、現地で生産し、デザインと品質を磨くことで、従来の枠組みを超えた高付加価値ビジネスを途上国で創造・確立しました。

マザーハウスは、当時24歳だった山口氏がたった一人で立ち上げたバングラデシュの工場からスタートしました。今では、途上国6か国に生産拠点を持ち、日本国内36店舗、台湾6店舗、香港2店舗、シンガポール2店舗、フランス1店舗(2020年09月時点)で販売を展開するまでに成長しています。今年7月には、使わなくなった自社製品を回収・解体して新たな商品に仕立て直す「ソーシャルビンテージ」をスタート。さらなるサステナブルな製造小売りサイクルの確立に挑んでいます。

山口絵理子(やまぐち・えりこ)
マザーハウス代表取締役社長兼チーフデザイナー
1981年埼玉県生まれ。慶應義塾大学総合政策学部卒業。ワシントンの国際機関でのインターンを経てバングラデシュBRAC大学院開発学部修士課程終了。2年後帰国し「途上国から世界に通用するブランドをつくる」をミッションとして、2006年に株式会社マザーハウスを設立。現在、途上国6カ国(バングラデシュに加え、ネパール、インドネシア、スリランカ、インド、ミャンマー)の自社工場・提携工房でジュート(黄麻)やレザーのバッグ、ストール、ジュエリー、アパレルのデザイン・生産を行う。国内外47店舗で販売を展開(2020年9月時点)。世界経済フォーラム「Young Global Leader (YGL) 2008」選出。ハーバードビジネススクールクラブ・オブ・ジャパン アントレプレナー・オブ・ザ・イヤー2012受賞。著書に『裸でも生きる』『裸でも生きる2』 『裸でも生きる3』(いずれも講談社)など。(写真:加藤康)

山口さんは創業以来、「途上国から世界に通用するブランドをつくる。」という理念の下、発展途上国の素材を使い、現地生産することにこだわったSPA(アパレルの製造小売業)を展開してきました。途上国を豊かにしていこうと思うようになったのは、どのようなきっかけがあったのですか。

山口 大学(慶応大学総合政策学部)のときに、竹中平蔵先生のゼミで「経済成長理論で途上国が豊かになるためには教育が必要」というシンプルなことを教えていただいたんです。それで、途上国の教育を支援するために国際機関とか国連といった組織で働くことが私の夢になりました。

 これは本にも書いてあることですが*1、私は小学校の時にいじめにあって学校に行けなくなったことがあって、それで教育システムを何とかしたいという思いを持っていました。でも、途上国には社会システムが原因で学校に行けない子どもが何億人もいることを知り、国内よりも途上国の教育システムを良くしたいと思うようになりました。

 そんな思いから、ワシントンの国際機関でインターンとして働いたりしていたのですが、支援が行われている現地を知るべきだと考え、バングラデシュの大学院に進みました。

 当時のクラスメートたちは本当に優秀だったんですが、職がない。大学院を卒業しても、2年も3年もの間、みんなずっと就活をしているんです。それで「学校をつくる以前に、働き口をつくりたい」と思うようになりました。

 そんなときに、ジュート(黄麻)という麻の素材に出合ったんです。バングラデシュの大学院にいたころ、商社でインターンをしていたのですが、そこでの仕事で展示会に行ったときにボロボロのバッグが目について。それがジュートのバッグだったんです。調べてみると、バングラデシュはジュートの世界有数の生産国で、二酸化炭素の吸収が多いなど環境にやさしく、耐久性も強い。この素材でかわいいバッグをつくって途上国のブランドを立ち上げよう。そう考えて起業しました。


注)
*1 山口氏の最初の著書『裸でも生きる』(講談社)には、波乱に満ちた起業までのストーリーが綴られている。小学校でいじめを受け、中学に入ると不良グループに加わる。柔道に出合い男子に混ざってハードな練習漬けの日々を過ごした高校時代。そして、一念発起して入学した大学で開発経済学と出会い、米国の国際機関でインターンに。そこで途上国援助のあり方に疑問を感じ、たった一人でバングラデシュに乗り込み起業するも、現地の人に騙され、裏切られ……。本気でやりたいことをやり続けてきた山口氏の強い気持ちが伝わってくる一冊だ。

デザインは形が3割、素材が7割

2006年にマザーハウスを設立して以来、途上国の素材を使うということを大切にしています。山口さんの「素材」に対する思いをお聞かせください。

山口 商品をデザインするとき、「形をつくる」というのは多分私の中では3割くらいなんですよ。「素材をつくる」という部分が7割です。その商品が売れるかどうかは、もう断然、素材の力が大きい。小手先の装飾ではないんです。「この素材おもしろいね」とか、「何かさわり心地が柔らかいね」とか、そういう部分が大きいですね。今はバッグだけでなく、ジュエリーや洋服も扱っていますが、素材の違いって、お客様に直感的に伝わるんです。

まず素材がちゃんとしていないとだめなんですね。

山口 新技術でつくった素材を使ってヒットした商品は、ロングセラーになる傾向が強いんです。なので私は、加工の自社工場にいる時間より、なめし工場にいる時間の方がずっと長いんですよ。当社にはグラデーション・カラーのレザー商品があるんですが、技術者を2人雇って、バングラデシュのなめし工場を内製化して、私たちの仕事だけに集中してもらって、やっとできるようになりました。

 ジュートという素材も簡単ではありません。気候が違うとそのたびに繊維の色が変わって、同じ「生成り(きなり)」と言ってもベージュだったりグレーだったり、色がぶれてしまうんです。なので、毎年レシピを改良しています。「ほかにある素材じゃないわね」と言って買ってくださる方がいるから、それをやるわけです。競争力って、こういうところから生まれるんだと思っています。

内製化した工場で試作を繰り返して生まれたグラデーションのレザー財布「IRODORI」(写真提供:マザーハウス)
コーヒー袋などに使われる安くて丈夫な素材だったジュートを磨き上げ、独特の風合いを持つバッグに(写真提供:マザーハウス)