ジャンルを問わず、世の中に新しい価値を創出したDisruptive Innovator(ディスラプティブ・イノベーター:破壊的創造者)の生の声をお伝えするインタビューコラム「Disruptive Innovators Talks ~新たな価値の創造者たち~」。第8回は、「編集工学」を提唱し、「編集」というイノベーションの方法論を研究・実践する松岡正剛氏が登場します。

1971年代に松岡氏が創刊した雑誌『遊』は、扱うジャンルの幅広さ、誌面デザインの斬新さから、日本の多くのクリエーターに影響を与え、“伝説の雑誌”とも呼ばれています。2009年10月。丸善・丸の内本店の一角に出現した書店「松丸本舗」は、独自のテーマに沿った本のディスプレーなどによって、これまでにない本と読者とのコミュニケーションの場を創出。わずか3年間という短い活動期間の中で多くの熱烈なファンを生み出しました。そして、今年11月6日にグランドオープンを迎えた角川武蔵野ミュージアム(埼玉県所沢市)。松岡氏が館長を務めるこのミュージアムでは、既存の図書館と博物館と美術館の3館を融合するような新しい空間を「編集」していきます。

松岡正剛(まつおかせいごう)
編集工学者、編集工学研究所所長、イシス編集学校校長
1944年、京都市生まれ。1971年に 総合雑誌『遊』を創刊。1987年に編集工学研究所を設立。人類のあらゆる営みに潜む「編集」の仕組みを明らかにし、新たな価値を生み出す技術「編集工学」を提唱。2000年にはウェブ上で「イシス編集学校」とブックナビゲーション「千夜千冊」をスタート。そのほか、文化創発の場として精力的に私塾やサロンを主宰。また、独自の方法論による日本文化の読み解きにも定評がある。著書に『知の編集術』(講談社現代新書)、『花鳥風月の科学』(中公文庫)、『日本流』(ちくま学芸文庫)、『日本という方法』(角川ソフィア文庫)など多数。東京大学客員教授、帝塚山学院大学教授などを歴任(写真:加藤康)

物事の「新結合」によって新しい価値を生み出すことをイノベーションと呼ぶわけですが、新しい結合は「編集」という行為によって生み出されるともいえるでしょう。松岡さんは長年にわたって、イノベーションの源泉ともいえる「編集」に関する様々な仕事をしてきましたが、特に編集によって生み出される「本」というメディアに対しては、松岡さんのこだわりを感じます。

松岡 神話、文芸、絵画、舞台、あるいは映画、マンガ、ゲーム、SNS──。何をメディアの起源とするかについてはいろいろな捉え方がありますが、メディアというものは、かなり古代から「本」「書物」という格好をとっていました。神話も歴史も恋愛も戦争も、ともかく何でも本になった。例えばカエサルの『ガリア戦記』のような戦争物も、ヘロドトスのような歴史物も、日本古来の『古事記』や『日本書紀』も書物として伝わってきた。これは何だろう、というのが、もともとの私のスタートなんですね。

そして、本には「編集」という行為が必ず関わってきます。

松岡 取材をする、写真を撮る、ライターが書く、見出しを付ける、タイトリングをする。そしてこれらを、昔は書写していたわけですが、印刷する。あるいは、ウェブに載せる、音声にする、映像番組にする──。これらは大きく見ると全部エディティング(編集)だといえるでしょう。一方、すべての自治体や国や組織の出来事は、文書化(ドキュメント化)を必要としてきました。となると、おそらく人と社会との関係の中に、エディティングという手法が、私たちの文明のどこかに以前からずっとあったんだろうと考えられるわけです。

(写真:加藤康)

 最初はアルタミラ洞窟のような絵にしたり、何か楽譜のようなリズムを刻んだり、そのほかいろいろな形で一種のドローイングをしたりしていた。つまり、ノーテーション(ノートをとる)みたいなことを人はずっとやっていたんだと思います。そして、それを人に見せるという目的を持ったときに、それは単なるつぶやきではなく、日記でもなく、メディア・エディティングというものに切り替わっていった。

 やがて社会の中で、非常にプライベートなものとパブリックなものとが編集によって結び付いていく。今の分かりやすい例でいえば、川淵(三郎)さんがJリーグを通じて進めていったスポーツと地域の融合も、そういうことですよね。その後、早くに亡くなってしまいましたが、僕の友人でもあった平尾(誠二)の目指した地域スポーツクラブの考え方もそうでした。

本だけでなく、「編集」という行為は、新しい結合を促す手法として社会の中で活用されているわけですね。

 そもそも、ルネサンス時代、桃山時代といった、各時代、各国、各民族が、それぞれ編集を行い、イノベーションを起こして何かを生み出し、世に広げていった。ルネサンスの大聖堂や図書館や広場、桃山の城郭や障壁画や茶の湯がそういうものでした。なぜそうなるのか。そこに潜んでいる特徴を取り出したいということで、「編集」が特化していたわけです。