米スタンフォード大学の医療経済学者として、また米国および日本を拠点とする2つの医療コンサルティング会社の幹部として長年、日米の医療を俯瞰してきたアキよしかわ氏が、我が国のヘルスケアビジネスが「産業」として発展していくための「急所」とその行方を論じていきます。

アキよしかわ
国際医療経済学者、データサイエンティスト
アキよしかわ 米カリフォルニア州アサートン在住。10代で渡米し、カリフォルニア大学バークレー校で博士号(経済学)を取得。同校とスタンフォード大学で教鞭をとり、スタンフォード大学に医療政策部を設立。米国議会調査局(U.S. Office of Technology Assessment)等のアドバイザー、米国グローバルヘルス財団理事長、グローバルヘルスコンサルティング米国会長などを歴任し、現在グローバルヘルスコンサルティング・ジャパン会長。主な著書に『日本人が知らない日本医療の真実』(幻冬舎メディアコンサルティング)『日米がん格差』(講談社)などがある。(写真:寺田 拓真)