前回は、メイヨークリニックの病床数が80年代から2000年にかけて半減したこと、そして、その背景にあったDRG/PPS(1入院当たり定額支払い方式、以降DRG)の導入に関して述べた。

 今回は、大幅な病床削減の決断に導いたもう一つの要因である「技術革新の波」に関して語りたい。メイヨーがメイヨーたるゆえんは、彼らの先見性であり、その先見性が示されたのは、まさにこの技術革新に対する対応だった。技術革新に直面しているのは万国共通である。「米国と日本では事情が違う」といって、米国の経験を無視することはできないだろう。

 では80年代以降、どのような技術革新があったのか──。例えば、急性心筋梗塞と狭心症に対する外科的治療法は、80年代までは胸をメスで開いて詰まった冠動脈の先に迂回路(バイパス)を作り、血流の流れをつくる冠動脈バイパス手術(CABG)だけだった。しかし80年代に入り、開胸手術よりもより低侵襲な経皮的冠動脈形成術(PTCA)、そしてベアメタルステント(BMS)植込み術から薬剤溶出性ステント(DES)植込み術へと変遷してきた。同様に胃や胆嚢、大腸などの消化器外科でも、80年代には従来のおなかを切る手術(開腹術)に代わり、腹腔鏡を5mmから1cm程度の小さな傷から腹腔内に経皮的に挿入し、モニターで観察しながら、手術を行う腹腔鏡手術(ラパロ術式)が拡大した。

 これらの新しい術式は従来のメスで直接患部を切除する開胸・開腹手術と比べ、手術による傷が極めて小さく、低侵襲(より体やさしい)であり、回復と離床が早く、入院日数が劇的に短縮した。

メイヨークリニック近景(写真提供:Robert K. Smoldt[Emeritus CAO, Mayo Clinic])

 このような技術革新による病床数の低減は、外科系分野だけではなく、内科系分野でも同様だった。抗がん剤の進歩により抗がん剤治療の入院期間は短縮化され、そして徐々に入院から外来へシフトされた。内視鏡的大腸ポリープ切除術はもちろん、心臓カテーテル検査なども外来化された。

 これがこの30年間の推移である。過去を振り返ってみたら、技術革新により入院期間が短縮したことはごく当たり前のように感じる。しかし、メイヨークリニックはステントやラパロが主流をなす前の80年代から多くの専門家、ノーベル賞受賞者を含む一流の学者を招集し、注意深く耳を傾けた。彼らの意見を参考にしながら、今後の治療方法の進歩と技術革新によって、10年後、20年後には何日程度の入院が必要となるかを、疾病・手術ごとに予想し、シミュレーションしたのである。