Society5.0で目指す予防医療や健康増進が浸透した日本社会の実現には、(1)データ測定、(2)データ分析、(3)データ活用の3つのサイクルの好循環が必要である。本連載の第2回で触れた「健康可視化」は(3)に該当し、個人に分かりやすく健康を評価し、健康維持へのインセンティブを与えるソリューションの兆候を述べた。

 (1)と(2)は、その前提として必須となる技術開発に位置づく。信用性の高いデータを、分析・評価に効果的なタイミングで測定し、分かりやすく結果を返す技術があってこそ、データ活用が進み、個人への意識づけにも繋がる。第3回となる本稿では、(1)と(2)に該当するウエアラブルデバイス*1の進化による生活の変化を述べる。

*1 ウエアラブルデバイスは、手首、頭などに装着するコンピューターデバイスを意味する。スマートフォンは通信機器端末で該当しないが、ウエアラブルデバイスの普及に大きな影響を与えるものとして、本稿では一体的に論じる

 ヘルスケア領域のウェアラブルデバイスの実用化は、スマートフォンの普及が大きく影響している。スマートフォンが、公衆電話をなくし、パソコンの代替となり、キャッシュレス社会への移行に寄与したように、ウエアラブルデバイスが、約15年をかけて、常時、自分の活動量や体内の情報が測定されて、手軽に携帯するという様式を浸透させてきた。

 リストバンド型のパイオニアであるFitbitは、AppleがiPhoneを世に出した2007年に設立された。2021年にGoogle傘下となり、スマートフォンOSの2強争いから、ウエアラブルデバイスを軸とした医療・健康ソリューション拡大競争の局面に突入した。

ウエアラブルデバイスの開発変化(出所:各企業ホームページ、記事等より野村総合研究所が作成。画像は各社ホームページより)
ウエアラブルデバイスの開発変化(出所:各企業ホームページ、記事等より野村総合研究所が作成。画像は各社ホームページより)
[画像のクリックで拡大表示]

 最新デバイスに搭載された心電図センサーや血中酸素濃度測定は、新型コロナウイルス感染症の在宅療養での活用可能性にも注目された。米スタンフォード大学医学部では、新型コロナウイルス感染症の検出などを目的として、AppleWatchやFitbitなど複数のウエアラブルデバイスからデータを収集し分析を行った。

 その結果、新型コロナウイルスに感染し、症状が悪化する1週間前から生体シグナルにその兆候が確認できることが分かった*2。測定されるデータの精度が高まり、利用者も常に手首に装着して生活している状況が整ったことで、データに価値が出て、利用者への健康アドバイス機能も高度になっている。

*2 Fitbitホームページ、各種記事より

社会実装時期を2032年と予測

 医療領域での実用化は、2015年頃から広がってきた。Abbott社が販売するFreeStyleリブレは、糖尿病患者向けのグルコースモニタリングシステムで、日本糖尿病学会のガイドラインで適切な使用方法が掲載され、日本で初めて保険適用*3となったウエアラブルデバイスであろう。痛みを伴わない小さな針(センサー)のついたパッチを腕に貼ると血糖値が測定され、スマートフォンアプリで自己管理を行うことができる。2019年に発売されたオムロン ヘルスケアのHeartGuideは、日本高血圧学会の高血圧治療ガイドラインで家庭血圧を測定する際に使用が推奨されているオシロメトリック法を採用したリストバンド型血圧測定器である。

*3 2017年に「血糖自己測定器加算」で保険適用された。2020年に新たに「間歇スキャン式持続血糖測定器によるもの」が設定され対象となった。

 近年では、スマートアパレルの実用化も広がってきた。東京大学発ベンチャー企業のXenomaが開発したe-skinは、微弱な電流が流れて筋肉を収縮させる機能を持つ衣類である。筋力維持や向上を目的に、スポーツ、介護、リハビリ領域での活用を目指している。東京大学の研究では、ナノシート上に作製された電極で1週間心電計測することに成功した。装着時の負担を軽減させて、長期に生体情報を取得できるため、新たなウエアラブルデバイスへの応用が期待される。

2040年の未来予測―科学技術が広げる未来社会―(Society 5.0)(出所:「令和2年版科学技術白書」、文部科学省)
2040年の未来予測―科学技術が広げる未来社会―(Society 5.0)(出所:「令和2年版科学技術白書」、文部科学省)
[画像のクリックで拡大表示]

 科学技術予測調査(文部科学省)では、「人の心身の状態を分析しすぐにアドバイスしてくれる超小型デバイス」の技術開発時期を2029年、社会実装時期を2032年と予測している。健康状態が数値化されることが日常の一部となると、見直すべき生活スタイルが、本人にも伝わりやすくなり、体調把握、改善、健康維持のサイクルが定着していく。ウエアラブルデバイスの普及により、2040年には、日常のバイタルデータを活用した定期モニタリングでタイムリーな予防・改善が呼びかけられ、年1回の健康診断や人間ドックで精密チェックをするような、日々の生活の中で自ずと予防医療や健康管理に繋がる様式に変化していくだろう。

(タイトル部のImage:イメージマート)