「サイバスロン」をご存じだろうか。障害者(サイバスロンではパイロットと呼ぶ)と技術者が協力し合い、ロボット工学などの先端技術を駆使して様々な場面をクリアすることに挑む、例を見ない競技である。スイス発のもので、2016年に第1回の国際競技大会がチューリヒで開催され、注目を集めた。

 去る2020年11月13~14日に、第2回大会「サイバスロン2020」が開催された。種目は6つ。パワード義足レース、パワード義手レース、パワード自転車レース、脳コンピュータインタフェース(BCI)レースなど。全体で21カ国から55チームが参加(スイス大使館サイバスロンWebページより)、日本からは5チームが出場した。

 日本チームのうち、電動車いすレースに出場した慶應義塾大学理工学部のチーム、「KEIO FORTISSISSIMO(フォルティッシシモ)」が世界3位に入賞し、表彰台に立った。

 サイバスロンという競技の魅力は何か。競技を通して見えてきた人と技術の可能性は何か。「サイバスロンを通して研究者および教員として、得るものがたくさんあった。学生たちをはじめチームメンバーも同じ気持ちではないだろうか」。こう語るのは、チームリーダーを務めた慶應義塾大学機械工学科准教授の石上玄也氏である。石上准教授に、サイバスロンの魅力、そして人と技術の可能性について聞いた。

混成チームで研究成果や実務ノウハウを凝縮

なぜサイバスロンに挑戦することになったのですか。

 忘れもしない、2018年2月3日のことです。2月3日は、慶應義塾の創設者である福沢諭吉先生の命日なのですが、たまたま電車で当時理工学部長であった伊藤公平教授と同じ車両に乗り合わせまして、「サイバスロンに慶應チームとして出場してみないか」と誘われたのがきっかけです。その場で、YouTubeにアップロードされているサイバスロン大会の動画を見せてもらいました。

 私はロボット工学が専門なのですが、障害をお持ちの方が先端技術の力を利用して日常生活で見られる課題を乗り越える競技、という概要を併せて聞き、挑戦のしがいがあると思い、取り組むことになりました。

そうして、石上先生がリーダーとなって、チーム「KEIO FORTISSISSIMO(フォルティッシシモ)」が結成されたわけですね。チームでは、どのような開発体制を敷いたのですか。

 大きくは次のメンバーで構成しています。私の研究室の学生、理工学部の技術職員の方々、そして教員、パイロット(サイバスロンで競技に出場する選手)です。技術職員は、理工学部で実験の支援や機器の製作など、研究・教育に関する様々な業務を担っているスタッフで、非常に力を発揮していただきました。大学のプロジェクトに技術職員が加わるケースは珍しく、このサイバスロンは貴重な機会だったと認識しています。

サイバスロンチーム「KEIO FORTISSISSIMO(フォルティッシシモ)」。前列の車いす左がチームリーダーを務めた慶應義塾大学機械工学科准教授の石上玄也氏(写真:石上玄也准教授が提供)

 特にメンバーのうち、松野史幸さんには車いすシートの設計で大きく関わっていただきました。松野さんは本学の非常勤講師であり、またコーヤシステムデザインという企業の代表取締役で、車いすの開発・製造がご専門です。

フォルティッシシモが開発したサイバスロン電動車いす。こちらは2020年のサイバスロン第2回大会に出場した2020年バージョン(写真:筆者が撮影)

 それから競技に欠かせないのはパイロットで、野島弘さんに就いていただきました。野島さんは下肢に障害を持つ方で、かつてはチェアスキーでパラリンピックの日本代表にもなられました。今は障害者スポーツの普及活動などで活躍しておられます。

 またプロジェクトマネジャーとして、本学の富田豊先生(同大学名誉教授)が就いています。富田先生はリハビリテーション工学が専門です。プロジェクトに対して様々な形でお力添えをいただきました。

慶應義塾大学理工学部サイバスロン電動車いすプロジェクト公式ページより、プロモーション動画。電動車いすが階段を上る様子がわかる(出所:慶應義塾大学理工学部)
動画が見れない方はこちら