歩行は健康になるための手段と広く認識・実行されているが、同時にそれ自体、健康に関する情報の宝庫でもある。例えば歩行速度の低下は、筋力の衰えばかりでなく脳血管障害や心臓血管障害、パーキンソン病との関連が疑われる。リズムが乱れていれば、バランス能力が衰えていたり特定の部位に大きな負荷がかかっていたりすると考えられる。歩行動作の定量化と分析は、運動機能の改善ばかりでなく疾病の兆候を捉えることにもつながることから、データの取得や分析に関する技術の開発が進んでいる。その1つが、歩行時の加速度データを取得・解析するシステム「歩行解析デバイスAYUMI EYE」(以下、AYUMI EYE)だ(図1)。

図1●「歩行解析デバイスAYUMI EYE」の端末
端末を腰に装着して歩くことで、データを取得する。解析はiOSアプリが担う(写真:森田 純典)

 健康増進や生活習慣病の予防のために、ウォーキングに取り組む人は多い。スポーツ庁が2019年に実施した「スポーツの実施状況等に関する世論調査」では、この1年間に実施した種目の1位が「ウォーキング」(散歩・ぶらぶら歩き・一駅歩きなどを含む)で、男性が62.0%、女性が62.1%*1。全体では62.1%で、前年度比5.1ポイント増という結果だった。厚生労働省が2000年に策定した「21世紀における国民健康づくり運動」(通称:健康日本21)は、「日常生活において身体活動量を増やす具体的な手段は、歩行を中心とした身体活動を増加させるように心掛けること」として、基本方針に「日常生活における歩数の増加」を挙げる。

 さらに、その後に発表された「21世紀における第二次国民健康づくり運動」〔通称:健康日本21(第二次)、実施期間:2013~2022年度〕では、1日当たり20~64歳の男性では9000歩、女性では8500歩、65歳以上の男性については7000歩、女性では6000歩を歩数の目標に掲げている。

*1 2019年2月28日付報道発表『平成30年度「スポーツの実施状況等に関する世論調査について』

 介護予防特化型デイサービス「早稲田イーライフ」の運営などを手がける早稲田エルダリーヘルス事業団(東京・港、早稲田EHA)が開発したAYUMI EYEは、早稲田イーライフをはじめとする介護予防施設やリハビリ施設、病院などで、主に高齢者の運動能力の改善に活用されている(写真1・2)*2

*2 2015年に早稲田EHAとGEヘルスケア・ジャパン(東京都日野市)が共同開発し、2017年に早稲田EHAへ事業譲渡された。

写真1●早稲田エルダリーヘルス事業団 代表取締役社長の筒井祐智氏(写真:森田 純典)
写真2●早稲田エルダリーヘルス事業団 AYUMI EYE事業部 部長の勝山正次氏(写真:森田 純典)