「移動を通じて、地域を良くし、暮らしを豊かに」のコンセプトを掲げ、今年から提供が始まるダイハツ工業(以下、ダイハツ)の福祉介護・共同送迎サービス「ゴイッショ」。担当の岡本仁也さんは「このシステムを導入すると送迎車の台数を減らすことができる」と胸を張る。自動車メーカーがそんなことを言っていいのか? ダイハツの心意気が詰まった新たな取り組みを追った。

 複数のデイサービスの送迎業務をひとつのシステムで結び、全体として業務の効率化を実現する「ゴイッショ」は、ダイハツが挑む新たな取り組みだ。同事業を統括する岡本仁也さん(コーポレート統括本部 新規事業戦略室 福祉介護MaaS分野統括グループリーダー)は次のように語る。

ダイハツ工業 コーポレート統括本部 新規事業戦略室 福祉介護MaaS分野統括グループリーダーの岡本仁也さん(写真提供:ダイハツ工業)
ダイハツ工業 コーポレート統括本部 新規事業戦略室 福祉介護MaaS分野統括グループリーダーの岡本仁也さん(写真提供:ダイハツ工業)
[画像のクリックで別ページへ]

 「もともと私は中途入社でダイハツに入り、管理部門で働いていました。2014年に社内プロジェクトが発足し、介護施設を中心にダイハツの車を1台でも多く使っていただこう、と考えて営業をしていました。そういった活動を通して、介護の世界、特にデイサービスでは1日のうち3割が送迎関連の業務に費やされることを知りました」

 現場では車種や性能よりもその車をいかに運用すれば業務改善に繋がるのか、という課題のほうが重要だったようだ。

 「ダイハツさん、車を売る前に送迎業務をなんとかしてくれないかね」

 上のような言葉を行く先々の事業所で聞かされた。

 2015年、ダイハツは介護事業者をサポートする福祉専門チームを立ち上げ、全国各地の事業者から多くの声を集めた。介護施設の送迎現場では、座席数の多い大型車ワゴンなどで利用者をいっきに送迎する方法が主流だ。事業所を出発して、利用者の待つポイントを一筆書きの要領で巡り、ピックアップしていく。ところがこの方法だと、 「送迎に時間がかかる」「大型車なので狭い道の奥に住んでいる場合は自宅前まで車が来てくれない」──などの不満や悩みが発生しがちだ。

 岡本さんが説明する。

 「大型車だけでなく、小さな車も送迎ルートに組み入れて、こまめにピストン送迎をすれば問題は解決するのですが、それだとご利用者のご自宅と事業所の距離やそれぞれのお迎えの時間、また車椅子利用など、様々な条件を組み合わせて作る送迎計画が複雑になります」

 そこで2018年、ダイハツが開発したのが通所介護事業者向けの送迎支援システム『らくぴた送迎』だった。これが後の展開につながる試金石となった。