独自の製作法は細胞の性質を知り抜いた医師が発想

 細胞を剣山のような針に仮止めして凝集させれば細胞だけで立体的な血管、軟骨、臓器などができるのではないかとの発想は、同社の創業者である佐賀大学医学部臓器再生医工学講座の中山功一教授が九州大学在職中に考案した。

バイオ3Dプリンターに使う剣山。用途に合わせて、大きさ、形状が異なる剣山が開発されている。(出所:サイフューズ)
[画像のクリックで別ページへ]
バイオ3Dプリンターに使う剣山。用途に合わせて、大きさ、形状が異なる剣山が開発されている。(出所:サイフューズ)
[画像のクリックで別ページへ]
バイオ3Dプリンターに使う剣山。用途に合わせて、大きさ、形状が異なる剣山が開発されている。(出所:サイフューズ)

 「中山先生は整形外科医で、骨折の治療法をヒントに剣山を用いる立体構造の作製法を発明されており、骨がくっつくまでピンとプレートで固定する骨折の治療から、剣山のような針に細胞を固定する方法を考えついたと伺っています。今はバイオ3Ⅾプリンターで行っている作業も、最初はすべて手作業でしたが、金沢にある澁谷工業さまのご協力を得て、バイオ3Dプリンターを開発してからは、現在のように効率的にある程度の大きさの血管や組織を作れるようになりました」と秋枝氏は語る。

 同社は、九州大学と東京大学のキャンバス内に研究拠点となるラボを設置し産学連携を進めている。

 「当社が目指すのは、病気やけがで苦しむ患者さまに少しでも貢献すること。私たちがいくら新しいものを開発しても、移植してくださる医師や関係するスタッフの先生方、サポートしてくださる方々がいらっしゃらなければ研究開発は成り立ちません。また、研究開発を進めるうえで、実際に多くの患者さまを診ている現場の先生方の声は重要ですので、産学連携は必須です。九州大学、東京大学以外にも、多くの大学の先生方と共に研究開発を進めています」(秋枝氏)

細胞製血管など強度の必要なものは、クリーンルームの中で循環培養し熟成させる(写真:剣持 悠大、以下同)
細胞製血管など強度の必要なものは、クリーンルームの中で循環培養し熟成させる(写真:剣持 悠大、以下同)
[画像のクリックで別ページへ]

 取材当日、同社の東京ラボでは、バイオ3Dプリンター「Regenova(レジェノバ)」が目まぐるしく動いていた。3Dプリンターには幅9㎜の剣山が設置され、直径0.5mmの微小な細胞の塊を一つ一つ剣山の針に積み立てて、立体的な構造体を作り出していく。作製する臓器の種類によって大きさ、形状の違う剣山が開発されている。

 「作りたい形やサイズを3Dプリンターに入力することで、いろいろな形の構造体を作ることができます。患者さまから採取した細胞だけではなく、iPS細胞やES細胞を用いて立体的な臓器を作ることも可能です。強度が必要な血管などは、さらに、クリーンルームの中で熟成させます。細胞によって性格も違い、愛情をかければ育ってくれるのは子育てに似ているかもしれません」。研究開発部細胞製品開発グループの髙井治美氏は、説明する。

左が髙井氏
左が髙井氏
[画像のクリックで別ページへ]