超高齢社会における介護事業所の課題とは――。そのポイントなどを探るべく、訪問診療を手掛ける「ドクターゴン診療所」と連携した取り組みを進める、沖縄県宮古島市の小規模多機能型居宅介護事業所「ぷくんみ」を取材した。

沖縄県宮古島市の小規模多機能型居宅介護事業所「ぷくんみ」(写真:近藤 寿成、以下同。現地の取材は2021年12月中旬に実施)
沖縄県宮古島市の小規模多機能型居宅介護事業所「ぷくんみ」(写真:近藤 寿成、以下同。現地の取材は2021年12月中旬に実施)
[画像のクリックで別ページへ]

 ぷくんみは、宮古島市の南東部にある小規模の介護事業所。日帰りのデイサービスや一時預かりのショートステイに加えて、必要であれば訪問介護にも対応するなど、幅広い介護サービスを提供している。小規模ながらも「ファミレスのような便利さがある」と同所のケアマネジャーは表現する。

 現在のスタッフ数は12人、看護師は3人で、ショートステイ用として9部屋を用意。利用登録者の最大は29人で現在は26人だが、近年は上限に近い人数で推移している。そのため、タイミングによっては利用登録できないケースももちろんあり、ケアマネジャーは「それだけニーズがあることの現れだろう」と語る。

お話を聞いたぷくんみのケアマネジャーと介護士
お話を聞いたぷくんみのケアマネジャーと介護士
[画像のクリックで別ページへ]

 実際、宮古島市の医療や介護に関する現状は、一筋縄ではいかない状況にある。例えば、市の調査によると、宮古島市の男女は全国や県の平均よりも生活習慣病の原因である「肥満」が多くなっているほか、男性は腎機能を評価する「クレアチニン」も高い傾向にあるという。また、介護費用は全国や県の平均より高くなっているのに対して、医療費は低いといった特徴がある。

 死因の比率についても「がん」は全国や県の平均と比べて低いのに対して、「心臓病」や「脳血管疾患」「糖尿病」は高い傾向にあるという。そのため、宮古島市民は「生活習慣病の治療を行わずに重症化させてしまい、最終的に介護に至ったり死亡したりしてしまったりする傾向がある」ことが見えてくる。

ぷくんみの内観
[画像のクリックで別ページへ]
ぷくんみの内観
[画像のクリックで別ページへ]
ぷくんみの内観

 こういった傾向は、ぷくんみのケアマネジャーや看護師も肌で感じている。例えば、ぷくんみのある島の南東部は、空港や病院、繁華街などがある北西部からかなり離れており、そこへ行くためには車でも30~40分程度はかかってしまう。そのため、土地柄と相まって周囲には農業をしている「独居の高齢者」がかなり多い。そういった人たちは手間などを嫌って「ちょっと痛い程度なら我慢してしまい、なかなか病院へ行かない」(介護士)という。

 さらに、仕事をリタイアして地元に帰ってきた男性などは、周囲に都会のような娯楽がほとんどないため「朝から集まってお酒を飲むこともあり、アルコール中毒になってしまう人も少なくない」(ケアマネジャー)のだそうだ。

 このような背景もあり、ぷくんみを利用する高齢者は「何らかの疾患を抱えている人が多い」(ケアマネジャー)。しかし、利用者の容体が急変してもケアマネジャーや介護士にできることは限られるため、大事な利用者を預かる身としての不安は尽きないという。このようは状況にあって、その不安を解消する大きなポイントとなっているのが、島内のドクターゴン診療所などが展開する「訪問診療」である。