涙の中に含まれるエクソソームを調べることで、乳がんかどうかがわかる──。そんなまったく新しい検査法の開発が進行中だ。エクソソームはさまざまな細胞から放出される100ナノメートル程度の大きさの細胞外小胞の一つ。がん細胞から出るエクソソームは、がんの増殖や転移に関わることが明らかになっており、体の負担が少ないリキッドバイオプシー(液体生検)によるがん診断のバイオマーカーとして大いに注目されている。

神戸大学大学院工学研究科の竹内俊文教授らは、分子インプリンティング技術を用いて、このエクソソームを超高感度に検出する測定法を開発した。超高感度ゆえに、「涙」という微量な検体でも測定が可能。しかも従来の検査法に比べ、簡便かつ迅速にがん細胞由来のエクソソームを識別できるという。今後は臨床試験によるデータを蓄積し、2022年度までの実用化を目指す。涙が乳がん早期発見の立役者になるというユニークな検査法に期待大だ。

 ドライアイの検査で用いるシルマー試験紙を目尻に挟んで、待つこと数分。試験紙に涙が滲んで青色に変わってきたら、涙の採取は終了。あとは自動分析計で涙の中のエクソソームを測定すれば、乳がんかどうかがわかるというのだから、驚きだ。乳がんの検査といえば、乳房を強く圧迫してレントゲン撮影をする乳房マンモグラフィや超音波検査が一般的だが、それに比べるとあっけないほどに簡単で、受ける側の負担はすこぶる軽い。

シルマー試験紙による涙の採取
シルマー試験紙による涙の採取
瞼の縁にシルマー試験紙(濾紙)を挟んでしばらく目を閉じていると、涙が滲みだして試験紙が青色になる。青色の部分が1~数ミリほどになれば、検体として十分だという(写真提供:竹内教授)
[画像のクリックで別ページへ]

 それにしても、乳がんの検査になぜ「涙」なのか。神戸大学大学院工学研究科の竹内俊文教授は次のように語る。

 「エクソソームは体液中に存在するので、もちろん血液や唾液などから検出することもできる。ただ血液中には食事から摂取した栄養素など様々な物質が溶け込んでいるし、唾液ともなれば食べかすや細菌なども多い。その点、涙にはそういった夾雑物(きょうざつぶつ)が少なく、生体試料として非常に魅力的。涙液中のエクソソームは血液中に比べると10の1から100分の1程度と少ないが、私たちが開発した超高感度の分析計を使えば、十分に測定できる」

 涙が魅力的な点は他にもある。前述したように、検体採取が非常に容易なことだ。被験者自身が簡単に短時間で採取できるし、マンモグラフィのような痛みも伴わない。わざわざ病院に足を運ばなくても、自宅や近所のドラッグストアなどで自己採取をして検査機関に送るといった方法も将来的には可能だろう。多くの女性が手軽に検査を受けられるようになれば、早期に発見できる乳がんがもっと多くなる。

竹内俊文(たけうち・としふみ)
竹内俊文(たけうち・としふみ)
神戸大学大学院工学研究科応用化学専攻
1979年、富山大学薬学部製薬化学科卒業。84年、富山医科薬科大学大学院薬学研究科医療薬科学専攻博士後期課程修了。薬学博士。日本大学理工学部薬学科助手、米国デラウェア大学研究員、ハワイ大学マノア校研究員、東京大学先端科学技術研究センター助教授、広島市立大学情報科学部教授を経て、2001年から神戸大学大学院工学研究科教授。専門は分析化学、分子インプリンティング、分子認識ナノ材料、バイオケミカルセンサーなど(写真:今 紀之)
[画像のクリックで別ページへ]