花王が「皮膚を超える皮膚」と表現する、直径1μm以下の繊維を吹き付けて肌表面に膜を形成する技術「Fine Fiber Technology」を開発した。同技術で作成された膜は、同時に用いた製剤の蒸発を抑えて保持する機能を持つのが特徴だ。製剤と併せて研究することで将来、医療領域への応用が期待できる。

 一見すると何も乗っていない手の甲。爪できっかけを捕らえて引き上げると、薄い膜が剥がれていく(図1)。その様子は日焼けした後に皮膚がめくれるのにも似ているが、ここで剥がされているのは皮膚ではない。花王が「皮膚を超える皮膚」と表現する、機能を備えた極薄の膜だ。

図1●「Fine Fiber Technology」で形成した膜を手の甲から剥がす様子
膜が手の甲に乗っているときは透明で、何もないように見える。そこから膜が姿を現す様子はインパクトが強く、社内での発表時も感嘆の声が上がったという(写真:川島 彩水、以下、図4以外は同)

 同社は、直径1μm以下の繊維を吹き付けて肌表面に膜を形成する技術「Fine Fiber Technology」を開発。それを応用した製品の第1段として、スキンケア向けの小型ディフューザー(繊維を吹き付ける装置)とポリマー溶液、専用美容液を発売した(2019年11月1日付ニュースリリース*1

*1 発売した製品はスキンケアを目的とするものであり、前述のような医療領域では使用できない。

 このディフューザーを使って形成した膜は、美容液に含まれる製剤の蒸発を抑えて湿潤環境を保つため、肌を乾燥から守れるという。同社は今回、Fine Fiber Technologyの適用領域としてスキンケアを選んだが、この技術自体は他の用途にも展開可能だ。同社は同技術や併用する製剤の研究を進め、将来はメイクによるアピアランスケアの他、レーザー治療後のケアや皮膚疾患の治療といった医療領域への応用を目指す。