子どもたちが楽しんで取り組めるリハビリを──。このようなコンセプトで開発が進められてきた「デジリハ」のベータ版(「デジリハ(β版)」)が、2020年11月から公開されている。

 デジリハは、リハビリを必要とする障害や病気のある子どもたちに向けたシステム(関連記事:子どもに楽しいリハビリを──「デジリハ」とは何か?)。子どもたちのリハビリへの意欲や関心を喚起するために、デジタルアートやゲームの要素を盛り込んだことが最大の特徴である。Windows 10搭載のパソコンで動作する。公式ホームページにてユーザー登録の後にダウンロードできる。

 個人向けと法人向けの2種類があり、個人向けのβ版は2021年3月末まで無料で利用可能。法人向けは1事業所あたり月額5万円(税別)。なお春以降に提供開始予定の正式版では個人向けが月額1000円(税別)となる見込み。法人向けはプランの追加も含めて変更の可能性もあるとする。

 企画・開発を手がけているのは、NPO法人のUbdobe(ウブドベ)。2017年に日本財団による「ソーシャルイノベーションアワード」で優秀賞を獲得、支援を受けつつ開発とリハビリ現場での試験利用を進めてきた。また2020年からはトヨタ財団の支援を受け、デジリハがリハビリを必要とする子どもたちのQOL(生活の質)やモチベーションにどのような影響を与えるかについて、検証を進めている。

 Ubdobeは3月末までの間にユーザーからのフィードバックを広く募り、今春以降に展開する予定の正式版に反映させる計画だ。また今後は、成人や高齢者の利用も視野に入れた事業展開を進めるという。

アートやゲームでリハビリの動きを促し意欲を喚起

 デジリハには2020年12月現在、11種類のアプリが用意されている。リハビリを行う子どもたち(デジリハでは「プレイヤー」と呼ぶ)は、手指、腕の動き、視線、骨格の動きなどを検知できるセンサーを通じて、アプリ上のキャラクターなどを操作する。アプリはいずれも、通常のリハビリで実施する動きを促すように設計されている。

 プレイヤーの動作をセンサーが捉え、それに応じてキャラクターなどの挙動が変化する。また、獲得できるスコアの数やステージの難易度などで目標や達成度を明示する。これにより、リハビリに対するモチベーションが喚起されるように工夫した。「子どもを主体に据えつつ『楽しいリハビリ』を実現することを目指した」。Ubdobeの仲村佳奈子デジリハ事業部ゼネラルマネージャーはこのように語る。

NPO法人Ubdobeの公式YouTubeチャンネル「Ubdobe TV」からデジリハの解説ビデオ。子どもたちによるアプリ操作の様子がわかる
※動画が見れない方はこちら